kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Plymouth

  「Plymouth(プリムス・プリマス)」は、Ubuntuの起動時や終了時にスプラッシュスクリーンを表示するソフトウェアです。


  Ubuntuではこの「Plymouth」が標準でインストールされ、Ubuntuの起動時や終了時にスプラッシュスクリーンを表示しています。

  また「Plymouth」はユーザーにメッセージを表示し、ユーザーに操作を促す機能も備えています。

  スプラッシュスクリーンの役割

    Ubuntuの起動時、ログイン画面を表示するまで様々な処理が行われます。
    ハードウェアの初期化やサービスの起動及び初期化など、これらの処理には時間がかかります。

    この処理の間、ユーザーは特に何もすることはなく、ログイン画面が表示されるまで待つことになります。

    スプラッシュスクリーンは、この待ち時間の間に表示されます。
    スプラッシュスクリーンを表示することで、現在起動処理を行っている最中であること、アニメーションすることで処理が止まっていないことをユーザーにアピールすることができます。

    また起動時に出力される情報を整形し、ファイルシステムのチェック中などのメッセージを表示します。

    ちなみに起動時のログは、syslogを参照すると良いでしょう。
    またスプラッシュスクリーンが表示されている最中に「ESC」キーを押すと、スプラッシュスクリーンを非表示にできます。

  Plymouthが起動するタイミング

    「Plymouth」はUbuntu起動時早い段階で起動し、スプラッシュスクリーンやメッセージの表示に備えます。
    Linux Kernelがframebufferを初期化後、「Plymouth」はスプラッシュスクリーンを表示します。

    Xサーバーを起動するのは「LightDM」の役目なので、Xサーバーが起動するよりも前に 「Plymouth」が起動します。

    そしてXサーバー起動時に「Plymouth」は役目を終え、画面の表示をXサーバーにスイッチします。

  高性能のハードウェアを利用している場合

    スプラッシュスクリーンは起動が完了するまでの待ち時間の間に表示されます。
    従ってSSDなど高性能なハードウェアを搭載しているPCでは、起動にかかる時間が短すぎてスプラッシュスクリーンが一瞬しか表示されなかったり、全く表示されないケースもあります。

   グラフィカルなスプラッシュスクリーンとテキストベースのスプラッシュスクリーン

    スプラッシュスクリーンには、グラフィカルなスプラッシュスクリーンとテキストベースのスプラッシュスクリーンがあります。

    framebufferコンソールが利用できない環境では、テキストベースのスプラッシュスクリーンが表示されます。

    ちなみに上図のスプラッシュスクリーンは、グラフィカルなスプラッシュスクリーンです。

Plymouthのテーマ

  デスクトップ環境と同じように「Plymouth」にもテーマがあります。
  どのようなスプラッシュスクリーンが表示されるのかは、Plymouthのテーマで決まります。

  UbuntuのフレーバーであるKubuntuでも「Plymouth」を利用してスプラッシュスクリーンを表示しています。
  Kubuntuでは、以下のようなスプラッシュスクリーンが表示されます。


  このスプラッシュスクリーンは、Kubuntu向けに用意したPlymouthのテーマを利用して表示しています。

  ユーザーはPlymouthのテーマを用意して、スプラッシュスクリーンを変更することができます。

  Plymouthテーマの配置場所 

    Plymouthテーマは、「/lib/plymouth/themes」フォルダー内に配置します。


    Ubuntuでは、グラフィカルなスプラッシュスクリーンのテーマを「ubuntu-logo」フォルダー内に配置しています。
    同様にテキストベースのスプラッシュスクリーンのテーマを「ubuntu-text」フォルダー内に配置しています。

  Alternativesシステムに登録が必要

     Plymouthテーマを利用するには、テーマをAlternativesシステムに登録する必要があります。

Plymouthのテーマを切り替えるには

  「Plymouth」が使用するテーマは、Alternativesシステムで管理されています。
   ここでは例として、「GAlternatives」を利用して「Plymouth」が使用するテーマを選択します。

  1.グラフィカルなスプラッシュスクリーンのテーマ

    グラフィカルなスプラッシュスクリーンのテーマは、「default.plymouth」で指定します。
    「Alternatives」で「default.plymouth」を選択すると、以下のようにテーマの一覧が表示されます。


    使用したいテーマを選択します。

  2.テキストベースのスプラッシュスクリーンのテーマ

    テキストベースのスプラッシュスクリーンのテーマ、「text.plymouth」で指定します。
    「Alternatives」で「text.plymouth」を選択すると、以下のようにテーマの一覧が表示されます。


    使用したいテーマを選択します。

  3.initramfsの更新

    設定を反映するため、initramfsを更新します。
    initramfsはインストールされているLinux Kernelごとに存在します。

    最新バージョンのinitramfsのみ更新する場合

      最新バージョンのLinux KernelでUbuntuを起動することがほとんどなので、最新バージョンのinitramfsを更新しておけば十分です。

    「端末」を起動して、以下のコマンドを実行します。

sudo update-initramfs -u


    以下のように、initramfsが更新されます。


    すべてのinitramfsを更新する場合

      すべてのinitramfsを更新する場合、「端末」を起動して以下のコマンドを実行します。

sudo update-initramfs -u -k all


    以下のように、すべてのinitramfsが更新されます。


  以上で完了です。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション