kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

ウイルスデータベースを更新する

  ウイルスデータベース(シグネチャー)を更新します。
  ウイルススキャンを行う前に、ウイルスデータベースの更新を行うとよいでしょう。

  1.ウイルスデータベースの更新

    画面右上の更新ボタンをクリックします。


  2.パスワードの入力

    ウイルスデータベースの更新は「root」で実行する必要があるため、パスワード入力画面が表示されます。
    現在ログインしているユーザーのパスワードを入力します。


  3.ウイルスデータベースの更新完了

    ウイルスデータベースの更新が行われ、更新が完了すると以下のような画面が表示されます。


ウイルススキャンを行う

  ウイルススキャンを行います。
  ウイルススキャンを行うフォルダーは、一覧に登録されているフォルダーです。

  1.ウイルススキャンの実行

    画面左上のスキャンボタンをクリックします。


  2.ウイルススキャン

    以下のように、ウイルススキャンが実行されます。


  3.ウイルススキャン完了

    ウイルススキャンが完了すると、スキャンの結果が表示されます。
    ウイルスが見つからなければ、以下の画面が表示されます。


    もしウイルスが見つかれば、以下の画面が表示されます。


ウイルスが見つかった時は

  ウイルスが見つかった時は、以下の画面が表示されます。
  この画面でウイルスの処理を行います。


  1.Del.(Delete)

    チェックをオンにすると、ウイルスが見つかったファイルを削除します。

  2.Qua.(Quarentine)

    チェックをオンにすると、ウイルスが見つかったファイルを隔離します。
    ファイルは、「~/.config/antiviral/.quarentine」に移動されます。


  3.File

    ウイルスが見つかったファイルです。

  4.Virus 

    見つかったウイルスのウイルス名です。

  5.処理ボタン

    見つかったウイルスを処理します。

ウイルスを処理する

  見つかったウイルスを処理します。

  1.ウイルスの処理方法の指定

    見つかったウイルスごとに、どう処理するのかを指定します。
    ウイルスの処理方法を指定したら、処理ボタンをクリックします。


  2.処理完了

    処理されたウイルスが一覧から削除されます。


NautilusからAntiviralを起動する

  「Nautilus」から「Antiviral」を起動することもできます。
  「Nautilus」から選択したフォルダーに対し、ウイルススキャンを実行できます。

  1.フォルダーの選択

    ウイルススキャンを行いたいフォルダーを「Nautilus」で選択します。
    複数のフォルダーを選択できます。


  2.Antiviralの起動

    選択したフォルダーを右クリックし表示されるメニューから、「Scan folder」をクリックします。


  3.Antiviral

    以下のように「Antiviral」が起動し、「Nautilus」で選択したフォルダーが一覧に登録されています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション