kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

オーディオディスク

  PCのドライブに音楽CDを挿入すると「Rhythmbox」は音楽CDを検出し、サイドペインに音楽CDを表示します。


  オーディオディスクでは、音楽CDの再生や音楽CDの取り込みを行うことができます。
  また、「MusicBrainz」から音楽CDの情報を取得して曲の情報を表示します。

オーディオディスクのUI構成 

  オーディオディスクのUI構成です。


  1.編集

    トラックをコピーして「ミュージック」や「再生キュー」に貼り付ける時に使用します。

  2.取り込む

    音楽CDのトラックを音声ファイルに変換し、「ミュージック」に取り込みます。
    音声ファイルのフォーマットは設定画面で設定できます。

  3.取り出す

    ドライブからCDを取り出します。

  4.再読み込み

    音楽CDのメタデータを読み込み直します。

  5.アルバム

    音楽CDのアルバム名を入力します。

    アルバム名は「MusicBrainz」から取得されますが、ユーザーが変更することも可能です。
    音楽CDを取り込む時に使用されます。

  6.アーティスト

    音楽CDのアーティスト名を入力します。

    アーティスト名は「MusicBrainz」から取得されますが、ユーザーが変更することも可能です。
    音楽CDを取り込む時に使用されます。

  7.アーティストの並び順

    「ミュージック」で音楽を並び替える際、ここに入力されたアーティスト名で並び替えを行います。

    アーティストの並び順は「MusicBrainz」から取得されますが、ユーザーが変更することも可能です。
    音楽CDを取り込む時に使用されます。

  8.ジャンル

    音楽CDのジャンルを入力します。
    ジャンルは「MusicBrainz」から取得されますが、ユーザーが変更することも可能です。
    音楽CDを取り込む時に使用されます。

  9.製作年

    音楽CDの製作年を入力します。
    製作年は「MusicBrainz」から取得されますが、ユーザーが変更することも可能です。
    音楽CDを取り込む時に使用されます。

  10.ディスク

    音楽CDのディスク番号を入力します。
    ディスクの番号は「MusicBrainz」から取得されますが、ユーザーが変更することも可能です。
    音楽CDを取り込む時に使用されます。

  11.曲の再生状態

    曲が再生中なら「▶」が表示され、一時停止中ならポーズマークが表示されます。

  12.取り込むトラック

    トラックを取り込む際、チェックがオンになっているトラックが取り込まれます。
    列のタイトルにあるチェックボックスをクリックすると、全トラックのチェックのオン・オフを切り替えることができます。

  13.トラック

    トラック番号が表示されます。

  14.タイトル

    曲のタイトルが表示されます。
    曲のタイトルは「MusicBrainz」から取得されますが、ユーザーが変更することも可能です。
    音楽CDを取り込む時に使用されます。

  15.アーティスト

    曲のアーティストが表示されます。
    曲のアーティストは「MusicBrainz」から取得されますが、ユーザーが変更することも可能です。
    音楽CDを取り込む時に使用されます。

  音楽CDによっては他にも列が表示される 

    音楽CDによっては、ジャンルや再生時間といった列が表示されます。

タイトルやアーティストなどを変更するには

  タイトルやアーティストなど列に表示される情報を変更する方法です。
  ただしトラック番号は変更できません。

  1.情報の変更

    変更したい情報をクリックします。


  2.情報の入力

    以下のように情報を入力できる状態になるので、情報を入力します。


    ここでは例として、以下のように入力しました。


    情報を入力したら「エンター」キーを押します。

  3.変更完了

    以下のように情報が変更されます。


音楽CDを取り出す

  音楽CDを排出します。

  1.音楽CDの取り出し

    「取り出す」ボタンをクリックします。


    もしくはサイドペイン左下にあるイジェクトボタンをクリックします。


  2.取り出し完了

    以下のように音楽CDが排出されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション