kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

音楽CDをミュージックに取り込む

  音楽CDのトラックを音声ファイルに変換し、「ミュージック」に取り込みます。
  音声ファイルのフォーマットは設定画面で設定できます。

  1.トラックの選択

    取り込みたいトラックにチェックを入れます。 


  2.取り込む

    「取り込む」ボタンをクリックします。


  3.取り込み開始

    トラックの取り込みが開始されます。


    取り込みを中止するには、右側の中止ボタンをクリックします。

  4.取り込み完了

    以下のように「ミュージック」にトラックが取り込まれます。


  5.音楽ファイル

    「ミュージック」ライブラリーのフォルダーを「Nautilus」で見ると、音楽ファイルが作成されています。


ミュージックライブラリーソースに直接トラックを取り込む

  ミュージックライブラリーソースに直接トラックを取り込むことも可能です。
  この方法でも上記と同様にトラックを音声ファイルに変換し、「ミュージック」に取り込みます。

  1.トラックの選択

    取り込みたいトラックを選択します。
    トラックのチェックのオン・オフは関係ありません。


    「Ctrl」キーや「Shift」キーを押しながら選択すると、複数のトラックを選択できます。
    「Ctrl + A」キーを押せば、一覧にあるトラックをすべて選択できます。

  2.ミュージックライブラリーソースに追加

    選択したトラックをミュージックライブラリーソースに追加します。
    操作方法は、以下を参考にしてください。


  3.取り込み開始

    以下のようにトラックの取り込みが開始されます。


    取り込みを中止するには、右側の中止ボタンをクリックします。

  4.取り込み完了

    以下のように「ミュージック」にトラックが取り込まれます。


再生キューにトラックを追加する

  「再生キュー」にトラックを追加します。
  「再生キュー」にトラックを追加した場合、トラックは音声ファイルに変換されません。
  従って「再生キュー」でトラックを再生した場合、音楽CDから再生を行います。

  1.トラックの選択

    再生キューに追加したいトラックを選択します。
    トラックのチェックのオン・オフは関係ありません。


    「Ctrl」キーや「Shift」キーを押しながら選択すると、複数のトラックを選択できます。
    「Ctrl + A」キーを押せば、一覧にあるトラックをすべて選択できます。

  2.再生キューに追加

    選択したトラックを再生キューに追加します。
    操作方法は、以下を参考にしてください。


  3.追加完了

    以下のように「再生キュー」にトラックが追加されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション