kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

自動的に再生する曲を表示する

  曲を再生する際、自動的に再生する曲を表示することもできます。

  曲の追従

    ソースツールバーにある歯車ボタンをクリックし、メニューから「Follow playing song」をクリックします。    


    「Follow playing song」にチェック入っていれば、以下のように曲再生時に該当するルバムを選択し、再生する曲を表示します。


アルバムのプロパティーを設定する

  アルバムのプロパティーを設定します。

  アルバムに含まれる曲を全選択してプロパティー画面を開くのと同じです。
  従って実際は、アルバム内のすべての曲のプロパティーを設定します。

  1.アルバムの選択

    プロパティーを設定したいアルバムを選択します。


    「Ctrl」キーや「Shift」キーを押しながら選択すれば、複数のアルバムを選択することができます。
    「Ctrl + A」ですべてのアルバムを選択したり、マウスで範囲選択することもできます。

  2.プロパティー画面の表示

    選択したアルバムを右クリックして表示されるメニューから、「Properties」をクリックします。


  3.プロパティー画面

    以下のようにプロパティー画面が表示されます。
    プロパティーの設定方法は、「曲のタグや設定を行う」を参考にしてください。


アルバムをエクスポートする

  アルバムをエクスポートします。

  アルバムをエクスポートすると、アルバム内の曲を指定したフォルダーにコピーします。
  アルバムをエクスポートでは、カバーアートの埋め込みやMP3への変換も行うことができます。

  1.アルバムの選択

    エクスポートしたいアルバムを選択します。
    複数のアルバムを選択することができます。


  2.エクスポート画面の表示

    選択したアルバムを右クリックして表示されるメニューから、「Export and embed coverart」をクリックします。    


  3.エクスポート設定

    以下の画面が表示されるので、エクスポートの設定を行います。


    Choose folder to save tracks

      曲を保存するフォルダーを指定します。
      メニューから「その他」を選択すれば、以下のように任意のフォルダーを選択できます。


    Save tracks within folder using album name

      チェックをオンにすると、「Choose folder to save tracks」で指定したフォルダー内にアルバム名でサブフォルダーを作成し、そのサブフォルダー内に曲をエクスポートします。

    Open embeded track folder in file-manager

      チェックをオンにすると、エクスポート完了後に曲をエクスポートしたフォルダーを「Nautilus」で開きます。

    convert to mp3 

      チェックをオンにすると、曲をMP3に変換してからフォルダーにエクスポートします。
      ビットレートの指定も可能です。

      チェックをオフにすると、フォーマットの変換を行いません。

    resize at

      チェックをオンにすると、音楽ファイルに埋め込むカバーアートのサイズを変更することができます。
      チェックをオフにすると、カバーアートのサイズを変更せず埋め込みます。

  4.エクスポートする

    「保存」ボタンをクリックすると、アルバム内の曲が指定されたフォルダーにエクスポートされます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション