kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu 32bit版とUbuntu 64bit版の性能比較

  PhoronixでUbuntu 32bit版とUbuntu 64bit版の性能比較が行われています。



  スペック

    ベンチマークに使用したPCのスペックです。

項目 スペック
CPU Intel Core i7-4558U @ 3.30GHz
チップセット Intel Haswell-ULT
メモリー 8GiB
OS Ubuntu 16.04(32bit/64bit)
Linux Kernel 4.4.0-11-generic
Xサーバー 1.18.1

    詳細は、上記リンクを参照してください。

  Linuxゲームのベンチマーク

    Linuxゲームのベンチマークでは、ほんの少しUbuntu 64bit版の方がパフォーマンスが良くなる傾向にありますが、ほとんど変わりません。

    このベンチマークでは、数値が大きいほど性能が良いということになります。

  動画のエンコードとカーネルビルドのベンチマーク

    動画のエンコードとカーネルビルドのベンチマークでは、すべての項目においてUbuntu 64bit版の方がパフォーマンスが良いです。
    特に動画のエンコードでは、最大で1.4倍程度の差がでています。

    「More Is Better」と記述されているベンチマークでは、数値が大きいほど性能が良いということになります。
    一方、「Less Is Better」と記述されているベンチマークでは、数値が小さいほど性能が良いということになります。 

  データ処理のベンチマーク

    データ処理のベンチマークでも、すべての項目においてUbuntu 64bit版の方がパフォーマンスが良いです。

    「OpenSSL v1.0.1gRSA 4096-bit Performance」では、4.4倍もの差がついています。

  消費電力のベンチマーク

    消費電力のベンチマークでも、すべての項目においてUbuntu 64bit版の方が消費電力が小さくなる結果が出ています。

    各ベンチマークの「Min」が最小消費電力、「Avg」が平均消費電力、「Max」が最大消費電力です。

    平均消費電力で見ると、1ワットから5ワット程度の差がでています。

32bit版と64bit版どちらを選ぶか

  ベンチマークの結果を見る限り、Ubuntu 64bit版を選ぶのが良いでしょう。
  他にも以下の項目を検討して決めると良いかと思います。

  1.Ubuntu 64bit版を利用できるPCである

    Ubuntu 64bit版を利用できるPCでなければ、そもそもUbuntu 64bit版をインストールすることはできません。

  2.メモリーが十分にある

    Ubuntu 64bit版をインストールできるハードウェアでも、メモリーの搭載量が少ないPCでは動作に不満が出るかと思います。

    インストールしたUbuntu上でどのようなアプリを動作させるかにもよりますが、最低でも4GiB以上、できれば8GiB以上のメモリーが欲しいところです。

  3.利用したいアプリがUbuntu 64bit版でも利用できる

    利用したいアプリがUbuntu 32bit版上でしか動作しないとなると、Ubuntu 32bit版を選ぶしかありません。

    Ubuntu 64bit版では32bit版のアプリを動作させる仕組みがあり、多くの32bit版のアプリは動作するでしょう。

     もし利用したいアプリが32bit版しかない場合は、Ubuntu 64bit版でも動作するか調べておくと良いです。

  補足

    「Google Chrome」など、Ubuntu 32bit版をサポートしないアプリが出始めており、今後この傾向が強くなっていくかもしれません。

    十分な性能を持つPCであれば、まずUbuntu 64bit版を検討してみると良いかと思います。

    インストール済みのUbuntu 32bit版をUbuntu 64bit版へそのまま移行するような手段は提供されていないため、Ubuntuを継続的に利用するのであれば、将来を見越してUbuntu 64bit版を選択するのも良いでしょう。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション