kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

UbuntuBSD

  UbuntuBSDは、カーネルにFreeBSDカーネルを採用し、ユーザーランド(カーネル以外の部分)にUbuntuを採用したディストリビューションです。


  Linuxカーネルの代わりにFreeBSDカーネルを採用しているので、Linuxカーネルが存在しません。
  DebianにもカーネルにFreeBSDカーネルを採用した「Debian GNU/kFreeBSD」が存在しており、UbuntuBSDでは「Debian GNU/kFreeBSD」の成果を取り込んでいます。
  UbuntuBSDは、Ubuntu版「Debian GNU/kFreeBSD」と言ったところでしょうか。


  開発コードは「Escape from systemD(Systemdからの脱出)」とのことです。
  UbuntuBSDは、Ubuntuが持つ親しみ易さと、FreeBSDカーネルが持つ盤石な安定性と性能を兼ね備えたディストリビューションであるとのことです。

  UbuntuBSDのリリース

    現時点でUbuntuBSDの最新版は、2016/3/20にリリースされた「ubuntuBSD-15.10~BETA2-amd64.iso」です。
    現在β2のリリースが行われており、安定版のリリースはありません。

    このバージョンは、「Ubuntu 15.10 + FreeBSD 10.1」の構成になっています。

  テキストベースのインストーラー

    UbuntuBSDのインストーラーは、テキストベースのインストーラーになります。


  ZFSが同梱されている

    Ubuntuで話題になったZFSの同梱ですが、FreeBSDカーネルではライセンスに問題がないため、ZFSが予め利用できるようになっています。


  デスクトップ環境はXfceを採用

    Ubuntuがベースですが、デスクトップ環境はUnityではなくXubuntuと同じXfceを採用しています。

  
    表示されているアプリのウィンドウを手前から紹介すると、以下のようになります。

  • LibreOffice Writer
  • Firefox
  • Ubuntuソフトウェアセンター

  試すならVirtualBoxで

    UbuntuBSDを試しに利用してみたい人は、VirtualBoxで仮想マシンを作成し、仮想マシンにインストールしてみると良いでしょう。

  Ubuntu公式のプロジェクトではない

    UbuntuBSDは、Ubuntu公式のプロジェクトではありません。
    今後名称が変わるかもしれません。

参考



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション