kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Kubuntu 16.04をインストールする前に

「Kubuntu 16.04」をインストールする前に、「Kubuntu 16.04」のインストールに必要な準備や、「Kubuntu 16.04」が動作するかどうか確認を行う必要があります。


いきなりKubuntuをインストールするのではなく、まずはKubuntuを試用してみましょう。

Kubuntuが起動するか、使い勝手は良いか、パフォーマンスは十分か、インターネットに接続できるかなど、事前に確認しておきましょう。

確認の結果特に問題がなければ、試用のために起動したKubuntuからインストールを行うこともできます。

Kubuntuの特徴

KubuntuはUbuntuのフレーバーの1つであり、Ubuntuをベースとしたディストリビューションです。
Ubuntu異なる点は、デスクトップ環境にUnityの代わりにPlasma(KDE)を採用している点です。
Linux KernelなどGUIを支えるソフトウェアは、Ubuntuと同じソフトウェアを採用しています。

テーマが刷新されフラットなデザインに

Plasma 5の採用により、Kubuntu 14.04から大きくデザインが変更されました。
モダンでフラットなテーマを採用し、見通しの良いデザインになりました。

カスタマイズ性随一

Plasmaの特徴の1つに強力なカスタマイズ性があります。
このカスタマイズ性はUbntuやフレーバーの中でも随一です。
ユーザーは自分の使い方に合わせ、細かくデスクトップ環境をカスタマイズすることができます。

強力なアプリケーション

Kubuntuにインストールされるソフトウェアの多くは、KDEから提供されているソフトウェアです。

KDEから提供されているソフトウェアは、多機能でカスタマイズ性が高いソフトウェアが揃っています。
さらにアプリ同士で連携して動作する仕組みが提供されており、高度に統合された環境を提供します。

Windowsに似たレイアウト

デスクトップの下にスタートメニュー、タスクバー、インジケーターが配置されており、Windowsと似たレイアウトになっています。
またスタートメニューはWindows 7と似たレイアウトになっており、Windowsユーザーにとって取っ付き易いレイアウトです。

1.Kubuntuが動作するPC 〜 5.Kubuntuの起動

Ubuntuと同じなので、Ubuntuの項目を参考にしてください。

  1. Ubuntuが動作するPC
  2. 32bit版と64bit版どちらを選ぶ?
  3. ディスクイメージをダウンロードしよう
  4. ライブメディアを作ろう
  5. Ubuntuを起動しよう

KubuntuでライブDVDを作成する場合は

KubuntuでライブDVDを作成する場合は、「k3b」を利用すると良いでしょう。


6.Kubuntuが起動したら

BIOSでKubuntuを起動した場合とUEFIでKubuntuを起動した場合で、デスクトップ画面が表示されるまでの流れが少し異なります。

BIOSでKubuntuを起動した時は

BIOSでKubuntuを起動した場合です。

1.起動画面

BIOSでKubuntuを起動した時は、起動時に黒色の画面が表示されます。


UEFIでKubuntuを起動した時は

UEFIでKubuntuを起動した場合です。

1.起動画面

以下のように黒背景の起動画面が表示されるので、「Start Kubuntu」を選択して「エンター」キーを押します。 


2.Welcome画面

次にWelcome画面が表示されます。
言語を日本語に変更します。


「日本語」を選択し、「Kubuntuを試す」ボタンをクリックします。


デスクトップ画面

無事何事もなければ、Kubuntuのデスクトップ画面が表示されます。


Kubuntuを使ってみよう

ライブメディアからKubuntuを起動し無事デスクトップ画面が表示されたら、「Kubuntu」を使ってみましょう。

既存のシステムに変更を加えること無く、アプリを利用したりアプリのインストールを行うことができます。

デスクトップ画面の使い方

デスクトップ画面の使い方です。


Kubuntuのデスクトップ画面は、全体的にWindows 7と似ています。

1.アプリケーションランチャー

アプリを起動するランチャーを表示します。
いわゆるスタートメニューです。


一覧から起動するアプリを選択したり、キー入力でアプリを検索することもできます。

2.タスクマネージャー

起動しているアプリのウィンドウ一覧を表示するタスクバーです。
よく利用するアプリをピン止めしておくこともできます。

3.システムトレイ

音量の調整やネットワークの表示等を行うインジケーターが表示されます。

アプリの一覧を表示するには

インストールされているアプリの一覧を表示するには、(1)アプリケーションランチャーを開き、(2)Applicationsを選択し、(3)表示したいアプリのカテゴリーをクリックします。


アプリのアイコンをクリックすれば、そのアプリが起動します。
オフィス系アプリからマルチメディアアプリまで、様々なアプリが利用できます。
色々試してみてください。

Firefoxを起動してインターネットに接続できるか確認しよう

「Firefox」を起動してインターネットに接続できるか確認しましょう。

1.Firefoxの起動

アプリケーションランチャーから「Firefox」を起動します。


2.サイトにアクセス

適当なサイトにアクセスしてみてください。
アクセスできれば、インターネットに接続されています。


無線LANで接続する場合は

ネットワークは自動的に認識されますが、無線LANはパスワードの設定など接続に必要な手続きを行う必要があります。

画面右下のネットワークインジケーターをクリックし、表示されるメニューから無線LANのアクセスポイントをクリックします。


以下のようにパスワードを入力する画面が表示されるので、パスワードを入力し「Connect」ボタンをクリックします。


以上で完了です。

ファイルマネージャーを起動するには

ファイルマネージャーとは、Windowsで言うところの「Explorer」です。
Kubuntuのファイルマネージャーは、「Dolphin」です。

1.ファイルマネージャーの起動

アプリケーションランチャーから「Dolphin」を起動します。 


2.Dolphinの起動

以下のように、「Dolphin」が起動します。
「Dolphin」からファイルの閲覧や操作ができます。


アプリのインストールするには

アプリをインストールすることもできます。
ただしインターネットに接続されている必要があります。

1.Discoverの起動

アプリケーションランチャーから「Discover」を起動します。 


2.アプリの表示

以下のように、インストール済みのアプリやインストール可能なアプリが表示されます。


システムの設定を行うには

ディスプレイの解像度やネットワークの設定など、システムに関する設定は「システム設定」から行います。
「システム設定」は、Windowsで言うところのコントロールパネルです。

1.システム設定の起動

アプリケーションランチャーから「System Settings」を起動します。


2.システム設定

以下のように、「システム設定」が起動します。
ディスプレイの設定やネットワークの設定など、様々な設定を行うことができます。


システムの設定を変更しても、PCを再起動すると元の状態に戻ります。

KubuntuをインストールするHDDを確認しよう

もしKubuntuインストールする場合、ここでKubuntuをインストールするHDDを確認しておきましょう。

1.ディスクの起動

アプリケーションランチャーから「KDE Partition Manager」を起動します。


2.HDDの一覧

以下のように「KDE Partition Manager」が起動します。
左側にHDDなどストレージの一覧が表示されます。
Kubuntuをインストールする予定のHDDを選択します。


HDDの情報が右側に表示されます。
HDDの情報の「Partition」に表示される情報は、KubuntuをインストールするHDDを識別する情報です。
「Partition」に表示される内容を覚えておきましょう。

上記の場合は「/dev/sda」ですね。

注意

ここでHDDの操作(フォーマットなど)を行うと、実際にHDDがフォーマットされます。
不用意にHDDを操作しないように注意してください。

Kubuntuをインストール場合は

Kubuntuを試しに使ってみて特に問題なく、Kubuntuをインストール場合は、以下を参考にしてください。


BIOSとUEFIどちらでインストールしたほうが良いのか?

おおよそ2011年以降に発売されたPCはUEFIを採用しており、UEFIでインストールすることがほとんどです。
将来性があるのはUEFIですが、以下を参考にして決めてください。



関連記事一覧
オプション