kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

デスクトップ環境間のIntel GPUベンチマーク

  Phoronixで、デスクトップ環境間のIntel GPUベンチマークの結果が掲載されています。



  このベンチマークの目的は、OpenGLアプリケーションのパフォーマンス計測です。
  各デスクトップ環境で使用されるシェルそのもののパフォーマンス計測ではありません。

  OpenGLアプリケーションの最たる例と言えば、3Dゲームでしょうか。
  他にもOpenGLを使用したソフトウェアはたくさんあるので、OpenGLを多用するアプリケーションを利用する人は、ベンチマークの結果を参考にしてみてください。

  環境

    ベンチマークの環境は、以下の通りです。

項目 概要
CPU Intel Core i5 6600K @ 3.90GHz 4Core
GPU Intel Sky Lake 1150MHz
GPUドライバー Intel 2.99.917
OpenGL 3.3 Mesa 11.2.0
Xサーバー 1.18.3
メモリー 15360MB
Linux Kernel 4.4.0-18-generic (x86_64)
OS Ubuntu 16.04

    ベンチマークの作成に使用したデスクトップ環境は、以下の通りです。

デスクトップ環境 デスクトップ環境を採用しているOS
Unity 7.4.0 Ubuntu
Xfce 4.12 Xubuntu
LXDE 0.8.2 Lubuntu
GNOME Shell 3.18.4 Ubuntu GNOME
MATE 1.12.1 Ubuntu MATE
KDE Frameworks 5 Kubuntu
Openbox 3.6

    詳細は、リンク先を参照してください。

  ベンチマーク結果

    ベンチマーク結果を見ると、多くの項目でUnity環境が最高のパフォーマンスを出していることが分かります。
    唯一「Team Fortress2」では3位のパフォーマンスになっていますが、数値を見ると上位との差は僅かです。

    いずれのデスクトップ環境も、設定を変更せずそのままの環境でベンチマークを作成しています。
    そのため、Kubuntuのようにパフォーマンス設定を細かく調整できるデスクトップ環境では、設定の変更により結果が変わってくるかも知れませんね。

    OpenGLを多用するアプリケーションを利用する人は、Unityでアプリケーションを利用してみるのも良いかと思います。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション