kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

3つのスタイルで使い分けるAquaris M10 Ubuntuエディション

Ubuntu insightsに「Aquaris M10 Ubuntuエディション」で活用する3つのスタイルが紹介されています。



「Aquaris M10 Ubuntuエディション」はタブレットでありながら、デスクトップとしても利用できるタブレットです。
使用するシーンに合わせ、タブレットモードとデスクトップモードを切り替えて利用できます。

以下の3つのスタイルが紹介されています。

  1. タブレット
  2. ラップトップコンピューター
  3. デスクトップコンピューター


Aquaris M10 Ubuntuエディションで、パーソナルコンピューティングの改革を体験しよう!
ユーザーは、真のタブレット体験から完全なUbuntuデスクトップまでこれ一台で体験できる!

1.タブレットとして

マウスやキーボードを接続しなければ、タブレットとして利用できます。
ユーザーインタフェースはタブレットモードに切り替わり、タブレットに最適化されたインタフェースを提供します。

2.ラップトップコンピューターとして

ノートPCスタイルと言ったほうが通りが良いかもしれません。
マウスやキーボードをBluetoothで接続すれば、ラップトップコンピューターとして利用できます。
ユーザーインタフェースはデスクトップモードに切り替わり、デスクトップに最適化されたインタフェースを提供します。

小型のキーボードやマウスを携帯すれば、いつでもノートPCとして利用できます。

3.デスクトップコンピューターとして

マウスやキーボードをBluetoothで接続し、HDMIで外部ディスプレイに接続すれば、デスクトップコンピューターとして利用できます。
ユーザーインタフェースはデスクトップモードに切り替わり、デスクトップに最適化されたインタフェースを提供します。

外ではタブレットとして利用し、家ではデスクトップコンピューターとして利用する。
そんな使い方はいかがでしょうか。

マウスとキーボードはUSB接続でも可 

マウスとキーボードをBluetoothで接続するとデスクトップモードに切り替わりますが、USB接続のマウスとキーボードでもデスクトップモードに切り替えられます。


USBポートはOn-the-Goに対応しています。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション