kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

UbuntuBSD 15.10 β3のインストールと試用

  「UbuntuBSD」はLinuxカーネルの代わりにFreeBSDのカーネルを採用したディストリビューションです。

  「Ubuntu on FreeBSD」と言ったところでしょうか。
  デスクトップ環境にXubuntuと同じ「Xfce」を採用しているため、「Xubuntu on FreeBSD」と言ったほうが適しているかもしれません。

  先日リリースされた「UbuntuBSD 15.10 β3」をVirtualBoxにインストールし、試用してみました。

  1.仮想マシンの設定

    「UbuntuBSD 15.10 β3」は64bit版であり、かつカーネルがFreeBSDなので、以下のように設定しました。    


    ディスクイメージがUEFIに対応していないため、「EFIを有効化」をオフにしておきます。


  2.インストール開始

    「UbuntuBSD 15.10 β3」のディスクイメージを仮想マシンにセットし、仮想マシンを起動します。
    しばらくすると、テキストベースのインストーラーが起動します。 
    インストーラーは日本語に対応していないため、言語の選択は「English」にします。


    インストーラーはテキストベースですが、「Ubuntu Desktop」のインストーラーのようにウィザード形式(ステップバイステップ)でインストール作業が行えるため、インストール作業はそれほど難しくありません。

    ほぼデフォルトの設定で作業を進めていけばOKです。
    ここで紹介するインストール画面は、一部の画面のみピックアップしています。

  3.パーティション構成

    パーティション構成はインストーラーにお任せしました。
    以下のパーティション構成になりました。


  4.パッケージの選択

    インストールするパッケージは「Xubuntu desktop」のみチェックを入れました。


  5.キーボードレイアウトの選択

    キーボードレイアウトの選択では、「Japanese」を選択し「OADG109」を選択しています。


  6.インストール完了

    インストールが完了しました。


    ここでディスクイメージを取り除き再起動します。

  7.UbuntuBSDの起動

    HDDにインストールした「UbuntuBSD」が起動します。
    スプラッシュスクリーンはありません。


  8.ログイン画面

    Xubuntuでお馴染みのログイン画面が表示されます。


  9.デスクトップ画面

    ログインすると、デスクトップ画面が表示されます。


リポジトリーの内容

  OSで使用しているリポジトリーの内容を見てみます。

  Ubuntu Software

    Ubuntuの公式リポジトリーはすべて未使用になっています。


  Other Software

    一部Ubuntuのリポジトリーが使われていますが、UbuntuBSD用のリポジトリーが登録されています。


日本語環境

  日本語環境にできるか試してみました。
  言語パッケージや日本語フォント、fcitx-anthyをインストールすれば、以下のように日本語環境になります。


試用してみた感想

「UbuntuBSD 15.10 β3」はベータリリースということもありますが、正常に動作しない機能が散見され、まだまだこれからといった印象です。

  日本語環境の構築も「言語パッケージ」がパッケージのインストール中に停止してしまうなど、試用するにはまだ早いのかもしれません。

  「UbuntuBSD」は、まだ歩み始めたばかりのプロジェクトです。
  安定版のリリースに向けた今後の活動に期待しましょう。

  再起動やシャットダウンができない

    何故かログアウトしかできませんでした。


    ログイン画面でも再起動やシャットダウンできませんでした。
    「sudo poweroff」などコマンドからなら再起動やシャットダウンができます。

  ファイルマネージャーが起動しない

    ファイルマネージャー(thunar)が起動しませんでした。

  mozcがない

    「mozc」パッケージがありませんでした。
    何故か「mozc-data」パッケージはあります。

    「ibus」や「fcitx」はあります。


関連記事一覧
オプション