kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Ubuntu on Windows

  「Ubuntu on Windows」を試用してみました。


  Windows Insider Preview Build 14316が適用されない時は

    「Windows Insider Preview Build 14316」がアップデート通知されず、「Windows Defenderの定義の更新」ばかり落ちてくる人は、以下のリンク先を参考にしてみてください。



  アップデートは時間がかかる

    「Windows Insider Preview Build 14316」のインストールや「Ubuntu on Windows」のインストールは、時間がかかります。
    環境にもよりますが、数時間ほどかかります。

    寝る前にアップデートを開始しておくと楽です。

Ubuntu on Windows配置場所

  「Ubuntu on Windows」のファイル群は、「C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\lxss」フォルダー内に配置されます。
 

  以降ここで紹介するパスは、特に明記がない限り「C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\lxss」フォルダーからの相対パスで記述します。

  Ubuntu on Windowsのサイズ

    「Ubuntu on Windows」のサイズは、約528MBです。


    もちろん後からパッケージを追加すれば、サイズは増加します。

Ubuntuのファイルシステムの配置場所

  「\rootfs」フォルダーは、Ubuntuのファイルシステムを配置するフォルダーです。


  Ubuntuで見慣れたフォルダー構成になっています。
  Ubuntuで言うところの「/」に相当します。

rootユーザーのホームディレクトリー

  「\root」フォルダーは、rootユーザーのホームディレクトリーです。


  試しにrootユーザーのホームディレクトリーでファイルを作成してみる

    試しにrootユーザーのホームディレクトリーで、以下のようにファイルを作成してみます。


    「\root」フォルダーを見ると、「test.txt」ファイルが作成されています。


    「test.txt」ファイルを開くと、標準出力に出力した内容が保存されています。  


  \rootfs\rootディレクトリーではない

    Ubuntuのファイルシステムを配置するフォルダー内に「root」フィルダーがあります。


    このフォルダーが使われるのかと思ったのですが、実際にrootユーザーのホームディレクトリーとして使われるフォルダーは、「\root」フォルダーでした。

ディストリビューションの情報

  bashから見たディストリビューションの情報は、以下のようになっています。

root@localhost:~# lsb_release -dcir
Distributor ID: Ubuntu
Description:    Ubuntu 14.04.4 LTS
Release:        14.04
Codename:       trusty

  Ubuntu 14.04の識別子になっています。

Linux Kernelのバージョン

  bashから見たLinux Kernelのバージョンは、「3.4.0+」になっています。

root@localhost:~# uname -r
3.4.0+

  Ubuntu 14.04オリジナルのLinux Kernelのバージョンは「3.13」だったので、オリジナルとは異なるバージョンになっています。

ロケールの設定を見てみる

  ロケールの設定を見てみます。

root@localhost:~# locale
LANG=en_US.UTF-8
LANGUAGE=
LC_CTYPE="en_US.UTF-8"
LC_NUMERIC="en_US.UTF-8"
LC_TIME="en_US.UTF-8"
LC_COLLATE="en_US.UTF-8"
LC_MONETARY="en_US.UTF-8"
LC_MESSAGES="en_US.UTF-8"
LC_PAPER="en_US.UTF-8"
LC_NAME="en_US.UTF-8"
LC_ADDRESS="en_US.UTF-8"
LC_TELEPHONE="en_US.UTF-8"
LC_MEASUREMENT="en_US.UTF-8"
LC_IDENTIFICATION="en_US.UTF-8"
LC_ALL=

  「en_US.UTF-8」になっています。
  文字コードの「UTF-8」は、Ubuntuのデフォルトの文字コードです。
  Ubuntuを日本語環境で使用している場合、ロケールは「ja_JP.UTF-8」になります。

日本語の表示

  ロケールが英語でも、日本語の表示は可能でした。

  ここでは例として、日本語の文字列を含む異なるフォーマットのテキストファイルを表示させています。
  UbuntuのテキストファイルとWindowsのテキストファイルのフォーマットで大きく異なる点は、以下の2点でしょう。

項目 内容
文字コード Ubuntu:UTF-8
Windows:Shift_JIS(CP932)
改行コード Ubuntu:LF
Windows:CRLF

  UTF-8 + LF

    「UTF-8 + LF」は、Ubuntuのデフォルトのテキストファイルのフォーマットです。  


    もちろん「bash」で表示することが可能です。


  UTF8 + CRLF

    「UTF-8 + CRLF」は、文字コードはUTF-8だが改行コードがWindowsのCRLFになっているテキストファイルです。


    「bash」で表示できました。


  Shift_JIS + CRLF

    「Shift_JIS + CRLF」は、Windowsのデフォルトのテキストファイルのフォーマットです。  


    文字が化けています。


    ちなみにShift_JISからUTF-8に変換してから出力すれば、文字が表示されます。


  Ubuntuの設定ファイルを編集する時は

    Ubuntuの設定ファイルを編集する時は、「UTF-8 + LF」で統一しておくと余計なトラブルを避けることができるでしょう。

コピー&ペースト

  「bash」上でテキストのコピーや、クリップボードのテキストをペーストする方法です。

  コピー

    「bash」上のテキストをコピーするには、まずコピーしたいテキストをマウスで範囲選択します。


    「エンター」キーを押せば、範囲内のテキストがクリップボードにコピーされます。

  ペースト

    クリップボードのテキストを貼り付けるには、「bash」上で右クリックします。


    現在カーソルがある位置にクリップボードのテキストが挿入されます。

WSLはまだベータリリース

  「WSL」はまだベータリリースです。
  現状動作がおかしい機能や、足りないと思った機能はフィードバックすると良いでしょう。

  フィードバックや質問は、以下でできます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション