kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

KDE Plasma 5.6.4とKDE Frameworks 5.22.0のリリース

2016/5/10に「KDE Plasma 5.6.4」がリリースされました。
2016/5/15に「KDE Frameworks 5.22.0」がリリースされました。


KDE Plasmaとは

「KDE Plasma」とは、デスクトップ環境のことです。

Ubuntuで言うところの「Unity」に相当します。
ユーザーが直接触れるインターフェースですね。

現在新しい世代の「KDE Plasma」である「KDE Plasma 5」が提供されており、「Kubuntu 16.04」でも「KDE Plasma 5」が採用されています。

KDE Frameworksとは

「KDE Frameworks」とは、「KDE Plasma」や「KDE Applications」を支えるライブラリーやフレームワーク群のことです。
いわゆる裏方です。

KDE Applicationsとは

「KDE Plasma」で使用されるデフォルトのアプリやアプリをサポートするライブラリー群です。
「Ubuntu」や「Ubuntu GNOME」で言うところの、「GNOMEコアアプリケーション」に相当します。

例えば「Kubuntu」のデフォルトのテキストエディターは「Kate」です。
「Kate」は「KDE Applications」の1つです。

2016/5/10に「KDE Applications 16.04.1」がリリースされています。

Kubuntu 16.04のKDE PlasmaとKDE Frameworks

「Kubuntu 16.04」で採用しているKDE PlasmaとKDE Frameworksのバージョンは、以下のようになっています。


項目 バージョン
KDE Plasma 5.5.5
KDE Frameworks 5.18.0
KDE Applications 15.12.3

最新版のKDE PlasmaとKDE Frameworksをインストールするには

「Kubuntu 16.04」に最新版の「KDE Plasma」と「KDE Frameworks」をインストールするには、「Kubuntu Package Archives」のPPAを利用します。

1.PPAの追加

以下の「PPA」を追加します。
すでにこの「PPA」を追加している場合は、この手順を飛ばしてください。

  • ppa:kubuntu-ppa/backports

2.ソフトウェアの更新

「Update Manager」を起動し、ソフトウェアをアップデートします。


3.PCの再起動

ソフトウェアのアップデートが完了したら、アップデートを反映するためPCを再起動します。

4.バージョンの確認

「システム情報センター」を起動し、「KDE Plasma」と「KDE Frameworks」のバージョンを確認します。


以上で完了です。

KDE Plasma 5のメモリー使用量

「KDE Plasma 5」は「KDE Plasma 4」と比較し軽量化され、メモリーの使用量が削減されました。
参考までに仮想マシン上でのメモリーの使用量を紹介します。


「KDE Plasma 4」のメモリー使用量が約0.53GiB、「KDE Plasma 5」のメモリー使用量が約0.40GiBとなっており、100MiB以上のメモリー使用量が削減されています。

「KDE Plasma 5」では、見た目がフラットでスマートなデザインになり、よりモダンなインタフェースになりました。
軽量化もされており、扱いやすさが向上しています。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション