kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Linux Mint 18の変更点や新機能の紹介

「Linux Mint」の月刊ニュースにて、「Linux Mint 18」(開発コード:Sarah)の変更点や新機能が紹介されています。


Cinnamon 3.0とMATE 1.14採用

「Linux Mint 18」では、4月にリリースされた「Cinnamon 3.0」と「MATE 1.14」を採用します。


X-Appsの採用と既存アプリの置き換え

デスクトップ環境間及びディストリビューション間で同じアプリを提供するため、「X-Apps」プロジェクトにより開発されたアプリを「Linux Mint 18」に採用します。

テキストエディターの例

例えばテキストエディターに注目してみます。
「Cinnamon」のデフォルトのテキストエディターは、「gedit」です。
一方、「MATE」のデフォルトのテキストエディターは、「pluma」です。

「X-Apps」プロジェクトでは「xed」を開発し、既存のデフォルトのテキストエディターの代わりに「xed」を「Linux Mint 18」に採用します。


新しいアプリの一覧

現在の予定では、以下のアプリが採用されます。

新しいアプリ ベースアプリ 置き換えとなるアプリ 備考
xplayer totem totem マルチメディアプレーヤー
xed pluma gedit
pluma
テキストエディター
xviewer eog eog
eom
ristretto
画像ビューワー
xreader atril atril
evince
ドキュメントリーダー

リリースマネージメントの変更

リリースマネージメントが変更され、リリースプロセスの簡略化及びディスクイメージの生成プロセスが変更されました。

ディスクイメージの種類が整理された

今までは、テスト向けも含め18種類のディスクイメージが提供されていました。

  • β版 4つ
  • 安定版 8つ
  • OEM版 2つ
  • NoCodec版 2つ

このうち、OEM版とNoCodec版のディスクイメージのリリースが行われなくなります。
代わりに他のディストリビューションと同様、ディスクイメージはコーデック無しでリリースされます。
また同様にOEMインストールも、通常のディスクイメージでサポートされるようになります。

従って提供されるディスクイメージは、以下の12種類になります。

  • β版 4つ
  • 安定版 8つ

リリーサイクルの整理

今までリリースに関するイベントは、以下の5種類がありました。

  1. βリリース
  2. Cinnamon/MATE安定版リリース
  3. OEM/NoCodecリリース
  4. アップグレードパス
  5. Xfce/KDE安定版リリース

OEM版とNoCodec版の削除により、以下の4種類に変更されます。

  1. βリリース
  2. Cinnamon/MATE安定版リリース
  3. アップグレードパス
  4. Xfce/KDE安定版リリース 

OEM版とNoCodec版を削除する理由

OEM版や既存のコーデック入ディスクイメージの提供は、非常にコストがかかる割にLinux Mintの改善にほとんど繋がっていないためです。

そのためOEM版とNoCodec版を削除し、通常版のディスクイメージからコーデックを外し(すなわちNoCodecになる)、OEMのインストールサポートを統合します。

コーデックをインストールするには

コーデックをインストールするには、ようこそ画面でマルチメディアコーデックをクリックします。

もしくはメニューから、「サウンドとビデオ」>「マルチメディアコーデックのインストール」をクリックします。

インストール時にマルチメディアコーデックをインストールすることも可能です。

Ubuntu 16.04ベースになる

「Linux Mint 18」は、「Ubuntu 16.04」をベースとして開発が行われます。
 2年ぶりのリリースとなるため、多くの更新されたソフトウェアや新しいカーネル、システム等が盛り込まれます。

これにより新しいハードウェアがサポートされ、また既存のハードウェアの動作も改善されます。

Ubuntu 16.04の変更点は、以下を参考にしてください。


新しいテーマの導入

「Linux Mint 18」では、新しいテーマである「Mint-Y」テーマが導入されます。
「Mint-Y」テーマはフラットなデザインのテーマです。
「Mint-Y」テーマは、非常に人気のある「Arc」テーマと「Moka」テーマを基にしています。



ただし現在のテーマである「Mint-X」テーマから見た目を急激に変化させないように、状況を見て「Mint-Y」テーマを導入します。

デフォルトのテーマはMint-X

「Linux Mint 18」のデフォルトのテーマは、引き続き「Mint-X」テーマです。
ですので「Linux Mint 18」の見た目は、「Linux Mint 17」と同じです。

「Linux Mint 18」では、「Mint-X」テーマと「Mint-Y」テーマをデフォルトでインストールします。

Mint-Yテーマをデフォルトにしない理由

「Mint-Y」テーマをデフォルトにしない理由は、ユーザーの評判を確認するためです。
ユーザーに「Mint-Y」テーマを使ってもらい、フィードバックして欲しいとのことです。
機が熟すのを待って、デフォルトのテーマを「Mint-Y」テーマに切り替えます。

HiDPIのサポート

HiDPIのサポート及びサポートが改善され、多くのアプリでHiDPIのサポートが行われました。

βリリースのスケジュール

「Linux Mint 18」のβリリースは、6月に行われます。
日にちの明確な設定はありません。

βリリースができる段階になったらディスクイメージが提供され、βリリースのアナウンスが行われます。

正式リリースの日程は決まっておらず、おそらく正式リリースは7月から8月頃になると思われます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション