kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

X-Appsプロジェクト

X-Appsプロジェクトは、デスクトップ環境間及びディストリビューション間で共通して利用できるアプリを開発するプロジェクトです。

X-Appsプロジェクトの目的は、伝統的なGTKデスクトップ環境(CinnamonやMATE、Xfceなど)に包括的なデフォルトのアプリを提供することです。

X-Appsプロジェクトが始まった背景

「GNOME」のデフォルトのアプリは長い間、「GNOMEシェル」と親和性あるUIや機能に適合するよう変化してきました。


「gedit」や「nautilus」など、「GNOME」プロジェクトが開発し「GNOME」デスクトップ環境向けに提供されるアプリは、「GNOMEコアアプリケーション」と呼ばれます。


「GNOMEコアアプリケーション」は、「GNOMEシェル」のUIガイドラインに従い開発され、また、「GNOMEシェル」が持つ機能と連携して動作するように開発が行われています。
言い換えると「GNOMEコアアプリケーション」は「GNOMEシェル」に最適化されたアプリであり、「GNOMEシェル」以外のデスクトップ環境には最適化されていません。

デザインの乖離が大きくなってきた

ディストリビューションの中には、「GNOMEコアアプリケーション」を採用するが、 「GNOMEシェル」を採用しないディストリビューションがあります。
例えば「Ubuntu」や「Linux Mint Cinnamon」は、デフォルトのアプリに「GNOMEコアアプリケーション」を採用していますが、デスクトップ環境は「GNOMEシェル」ではなく、異なるデスクトップ環境を採用しています。

「Ubuntu」ではデスクトップ環境に「Unity」を採用しています。


「Linux Mint Cinnamon」ではデスクトップ環境に「Cinnamon」を採用しています。


これらのデスクトップ環境のデザインは、「GNOMEシェル」と大きく異なります。
日に日にデザインの乖離が大きくなっていきました。
(デザインには見た目だけでなく、機能や仕様と言った意味合いも含まれます。)

そのため「GNOMEシェル」向けに最適化されている「GNOMEコアアプリケーション」を上記のような異なるデスクトップ環境で利用する際、デザインが崩れたり使い勝手が悪くなるケースがあります。

代替アプリの必要性

デザインの乖離が大きくなるにつれ、「GNOMEシェル」と異なるデスクトップ環境を採用するディストリビューションは、独自にパッチを当てたり、デザイン面で問題のない以前のバージョンの「GNOMEコアアプリケーション」を採用するなど、この乖離を埋める作業をしてきました。

かつて「GNOMEコアアプリケーション」は、他のデスクトップ環境でも自然な見た目で表示され、かつユーザーに一貫性のある操作性を提供していました。


しかし状況は変わり、もはや当時の状況は当てはまりません。

汎用的なアプリと専用のアプリ

数年前、開発者はよくLinuxアプリを開発していました。
それらのアプリの中でGTKベースのアプリの多くは、一貫した見た目を提供しており、自分のお気に入りのデスクトップ環境で、見た目が崩れる心配をする必要がなくアプリを使うことができます。

今日、開発者は「GNOMEアプリ」や「Ubuntuアプリ」といった特定の環境に向けた アプリを開発することができます。
それぞれの環境で提供されている技術や仕組みを活用し、優れたデザインのアプリを開発することができます。

しかしそれらのアプリはそれぞれの環境向けに提供されるアプリであり、それらのアプリを活用するにはその特定の環境を使用しなければなりません。

Linux Mintでは

上記のような状況を受け「Linux Mint」では、「Cinnamon」で採用しているアプリを継続的にメンテナンスしていくことや、「MATE」や「Xfce」向けのアプリケーションの開発に時間を割くことは、それだけのコストを支払う余裕や価値を考えると受け入れられませんでした。

これらのデスクトップ環境は似たような機能のアプリを提供するため、特定のデスクトップ環境に依存しない汎用的なアプリ群を開発しメンテナンスしていく方が良いと判断しました。

X-Appsプロジェクト開始

こうして「X-Apps」プロジェクトが立ち上げられ、「Linux Mint 18」に向けて開発が始まりました。

X-Appsの軸となる方針

「X-Apps」の軸となる方針は以下のとおりです。

  1. GTK+ 3を使う
  2. タイトルバーやメニューバーなどに伝統的なUIを使用する
  3. 特定のデスクトップ環境やディストリビューションに依存しない
  4. 伝統的に採用されてきた機能を提供する
  5. 下位互換性をもたせる

xed

「xed」は、「X-Apps」プロジェクトによって開発されたアプリの1つです。
「xed」は、「MATE」のデフォルトのテキストエディターである「Pluma」をGTK+ 3ベースにしたアプリです。


「gedit 2.30」と同じUIと機能を提供します。

xplayer

「xplayer」も、「X-Apps」プロジェクトによって開発されたアプリの1つです。
「xplayer」は、「Totem 3.10」をベースにしたマルチメディアプレーヤーです。


「Totem 3.10」と同じUIを提供します。
他にも「X-Apps」プロジェクトによって開発されたアプリがあり、今後も状況に応じて追加されていくでしょう。

参考



関連記事一覧
オプション