kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Unity 8とMirの採用見送り

「Ubuntu 16.10」では、Unity 8とMirの採用が見送られる予定です。


2016/5/3に行われた「Ubuntu Online Summit」にて、Ubuntuの次期バージョンである「Ubuntu 16.10」でUnity 8とMirの採用を見送るとの見解が出されました。



Unity 8とMirは、Ubuntuの次世代のデスクトップ環境となるシステムです。
Unity 8とMirについては、以下を参考にしてください。


引き続きUnity 7とXサーバーの採用

「Ubuntu 16.10」では「Ubuntu 16.04」と同様に、Unity 7とXサーバーが採用される予定です。

「Ubuntu 16.10」はLTS版である「Ubuntu 16.04」の次のバージョンということもあり、挑戦的な取り組みができるバージョンです。
Unity 8とMirが採用される可能性に期待がありましたが、まだその域には達していないという判断があったのでしょう。

Unity 8とMirの採用はUbuntu 17.04頃か?

「Ubuntu 16.10」の次期バージョンである「Ubuntu 17.04」でUnity 8とMirの採用可否が再度検討されます。
先のことはまだ分かりませんが、少なくともUnity 8とMirの採用は2017年以降に持ち越しとなります。

UnityやUbuntu 16.10に関するスライド

UnityやUbuntu 16.10に関するスライドを紹介します。




参考



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション