kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ユーザーアカウントのポイント

「WSL」にLinuxユーザーのアカウントを作成管理する機能が追加されました。
ユーザーアカウントを利用する上でポイントを紹介します。
ここでは特に明記がない限り、アカウントとはUbuntuのユーザーアカウントのことを指します。

1.Bashを初めて起動した時にアカウントの作成を行う

「Bash」を初めて起動した時にアカウントの作成を行います。
後からアカウントを作成することもできます。


2.UbuntuのユーザーアカウントとWindowsのユーザーアカウントは別々の管理 

UbuntuのユーザーアカウントとWindowsのユーザーアカウントは別々に管理されます。
従って、UbuntuのユーザーアカウントとWindowsのユーザーアカウントは一致している必要がありません。

アカウントで設定するパスワードは、Bash内(WSL内)でのみ使用されるパスワードです。
WSL外でそれらのパスワードは使用されません。
逆もまた然りです。

例えば「sudo」でコマンドを実行する時は、アカウントのパスワードを入力します。


3.アカウントを作成するとsudoグループに追加される

アカウントを作成すると、そのユーザーは「sudo」グループに追加されます。
「sudo」グループに追加されたユーザーは管理者権限を持ち、「sudo」によるコマンドの実行が可能になります。


ただし「bash」内で作成したユーザーは、Ubuntuの作法に従います。

4.bashを起動した時に作成したユーザーで起動する

「Bash」を起動すると、「1.」で作成したユーザーで自動的に起動します。
「Bash」を起動した時に使用するユーザーは後から変更することもできます。


5.Bash起動時、パスワード入力は要求されない

「Bash」を起動時、アカウントのパスワードを要求されること無く「Bash」が起動します。


ただし「Bash」内でユーザーを切り替える時はUbuntuの作法に従うため、パスワードの入力が必要になります。


6.WSL環境はWindowsのユーザーごとに提供される

WSL環境はWindowsのユーザーごとに提供されされます。
WSLサブシステムは一つですが、WSL(Ubuntu on Windows)の環境はユーザーごとに用意されます。
従って、他のユーザーのWSL環境が別のユーザーのWSL環境に影響を与えるこはありません。
それぞれ別々のWSL環境となり、アカウントもそれぞれの環境ごとに管理されます。

アカウントの権限について

UbuntuのユーザーアカウントとWindowsのユーザーアカウントは別々に管理されますが、Windowsのユーザーアカウントが持つ権限はUbuntuのユーザーアカウントの権限にも影響を与えます。

Bashが持つ権限

「Bash」起動時、「Bash」はコンソールと同じ権限を持ちます。

例えばコマンドプロンプトやPowerShellのプロンプトで「bash(bash.exe)」と入力し「Bash」を起動した場合、「Bash」はログオンしたWindowsのユーザーと同じ権限を持ちます。

従ってWindowsのユーザーがアクセスできないフォルダーに移動しようとしても、以下のように権限がないとのエラーが表示されます。


たとえ「bash」内で「root」になっても、結果は同じです。


一方、管理者権限で起動したコマンドプロンプトやPowerShellのプロンプトで「bash(bash.exe)」と入力し「Bash」を起動した場合、「Bash」はWindowsの管理者権限と同じ権限を持ちます。


UbuntuのrootとWindows管理者の権限の違い

本来のUbuntuでは、「root」はPCのすべてのリソースにアクセスできる権限を持ちます。たとえファイルやフォルダーのパーミッションがオーナーのみアクセス可能なパーミッションであっても、「root」ならアクセスできます。

しかし「Ubuntu on Windows」では上記のように、Ubuntuのユーザーが持つ権限はWindowsのユーザーの権限に影響を受けます。

Ubuntuのユーザーが持つ権限は、WSL環境内のファイルシステムなどWSL環境にのみ影響を与えます。
例えば「apt update」は「root」でなければ実行できませんし、「root」のみアクセス可能なファイルは「root」でアクセする必要があります。
この部分のみを切り取れば、この点はUbuntuの作法と同じです。

しかし「/mnt/ドライブ」以下のファイルには、Windowsユーザーの権限が作用します。

参考



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション