kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

GTK2版MATEとGTK3版MATEのメモリー使用量の比較

以前紹介した通り「Ubuntu MATE 16.10」では、デスクトップ環境である「MATE」が「GTK3」でビルドされるようになります。


現在「Ubuntu MATE 16.04」で提供されている「MATE」は、「GTK2」でビルドされています。

「MATE」公式ブログにて、GTK2版MATEとGTK3版MATEのメモリー使用量の比較が行われています。


OS MATE GTK+ メモリー使用量
Ubuntu MATE 16.04 MATE Desktop 1.12.1 GTK2 353.0MiB
Ubuntu MATE 16.04 MATE Desktop 1.14.1 GTK2 358.4MiB
Ubuntu MATE 16.10 pre α MATE Desktop 1.14.1 GTK3 351.7MiB

メモリー使用量の結果から、GTK3版MATEのメモリー使用量が最も少ないことが分かります。
また全体的に見てもメモリー使用量にそれほど大きな差がないことも分かります。

GTK2よりGTK3の方がメモリー使用量が多いはず

普通に考えればGTK3は、HiDPIのサポートなどモダンな機能や新しい機能が追加されているため、GTK3版MATEの方がメモリー使用量が大きくなるはずです。

Ubuntu MATE 16.10で変わったこと

「Ubuntu MATE 16.10」では、GTK3版MATEの採用以外にもいくつか変更点があります。

Tildaがログイン時に自動起動しなくなった

「Ubuntu MATE 16.04」では、ユーザーのログイン時に「Tilda」が自動起動していました。
一方「Ubuntu MATE 16.10」では、「Tilda」が自動起動しないようになりました。
 

ローカルDNSリゾルバーの仕組みが変わる

「Ubuntu MATE 16.04」では、ローカルDNSリゾルバーに「dnsmasq」を利用しています。
ネットワークマネージャーが「dnsmasq」を起動し、名前解決に使用しています。

一方「Ubuntu MATE 16.10」ではローカルDNSリゾルバーの仕組みが変わり、「libnss-resolve」経由で「systemd-resolved」が使用されます。

GTK3のみ提供

「Ubuntu MATE 16.04」では、GTK2版のソフトウェアとGTK3版のソフトウェアが混在しており、両ツールキットが読み込まれます。

一方「Ubuntu MATE 16.10」では、GTK3版のソフトウェアのみ提供されるため、GTK3ツールキットのみが読み込まれるようになります。

これらの変更がメモリー使用量の削減につながっているのではないか、とのことです。

純粋なMATEの比較では、GTK3版のMATEのメモリー使用量が上

純粋なMATEの比較では、GTK2版MATEよりGTK3版MATEの方がメモリー使用量が上回ります。

とは言え上記でのメモリー使用量の結果を見ても、大きな影響を与えるほどメモリーの使用量に大きな差はないため、「Ubuntu MATE 16.10」は引き続き軽量なフレーバーとして活用できるでしょう。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション