kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Build 14366の変更点

2016/6/14にリリースされたBuild 14366の「WSL」に関する変更点です。

前回リリースされたビルドのビルド番号は「Build 14361」なので、今回のリリースの変更点は少ないです。

リリースノート

変更点の詳細は、リリースノートを参照してください。


動作の改善

Build 14366で行われた動作の改善です。
リリースノートに記述されていない動作の改善も行われています。

1.listxattrのサポート

「listxattr」システムコールがサポートされました。


不具合の修正

Build 14366で行われた不具合の修正です。
リリースノートに記述されていない不具合の修正も行われています。

1.symlink経由のファイルの作成に関する問題の修正

symlink経由でファイルを作成する時に発生していた問題を修正しました。

Syscallの動作改善と不具合の修正

以下のSyscallの動作改善と不具合の修正が行われました。

  • listxattr

すべてのパラメーターとの組み合わせは、現時点でサポートされていない可能性があります。
「WSL」がサポートしているSyscallの一覧は、以下を参考にしてください。


Ubuntu on WindowsのFAQの更新

Build 14366までに行われた「Ubuntu on Windows」のFAQの更新を反映しました。
「Ubuntu on Windows」のFAQは、以下を参考にしてください。


追記部分

FAQの追記部分は、以下の通りです。

[Bash on Ubuntu on Windowsってどうやってアップデートするの?]
「Bash on Ubuntu on Windows」のアップデートには、以下の2種類のコンポーネントのアップデートが必要だ。
 1.WSL(Windows Subsystem for Linux)
WSLをアップデートするには、Windows Insider Programに参加し、Windows UpdateでBuildを最新の状態にする。

「Ubuntu on Windows」の再インストール等の操作方法は、コマンドリファレンスを参照して欲しい。

2.Ubuntuのユーザーバイナリー
Ubuntuのユーザーバイナリー(ユーザースペース)をアップデートするには、以下のコマンドを実行する。

  1. apt-get update
  2. apt-get upgrade

(※Ubuntuの作法と同じです。)

[pingコマンドを実行しようとすると、管理者権限が求められるんだけど]
これは既知の問題だ。

Linuxの実装方法とWindowsカーネルのICMPリクエストの処理方法の違いがこの問題の原因になっている。

将来のリリースでこの問題を解決する予定だ。

インストールガイドの更新

インストールガイドに「Ubuntu on Windows」及び「WSL」の動作要件が追記されています。


「Ubuntu on Windows」及び「WSL」をインストールするには、以下の要件を満たす必要があります。

  • AMD/Intel x64互換CPUを搭載していること
  • Windows Insider Programのメンバーになっていること(参加していること)
  • Windows 10 64bitが動作しており、「Anniversary Update version 16xx」もしくは 「build 14316」以降のアップデートが適用されていること

Insider Previewビルドの受け取りは、「ファースト」が望ましいとのことです。


 
関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション