kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

LTS Enablement Stackのサポート期間のお知らせ

「Ubuntu 14.04」の「LTS Enablement Stack」のサポート期間のお知らせです。



「Ubuntu 14.04」などLTS版の「Ubuntu」では、「LTS Enablement Stack」により、以降にリリースされた「Linux Kernel」と「Xスタック」を利用できるようになっています。

「Ubuntu 14.04.2」以降の「Ubuntu 14.04」では、「Ubuntu 14.04」以降にリリースされた「Linux Kernel」と「Xスタック」が採用されています。

Ubuntuのバージョン Linux KernelとXスタックの
採用元のUbuntuのバージョン
Linux Kernelの
バージョン
Xスタックの
バージョン
Ubuntu 14.04.2 Ubuntu 14.10 3.16 1.16.0
Ubuntu 14.04.3 Ubuntu 15.04 3.19 1.17.1
Ubuntu 14.04.4 Ubuntu 15.10 4.2.0 1.17.2

「Ubuntu 14.04.2」〜「Ubuntu 14.04.4」にかけて導入された「Linux Kernel」と「Xスタック」は、「Ubuntu 14.04.5」リリース後サポートが終了します。

Ubuntu 14.04.5

Ubuntu 14.04.5」は2016年8月4日にリリースされます。
「Ubuntu 14.04.5」のリリース日に「Ubuntu 14.04.2」〜「Ubuntu 14.04.4」にかけて導入された「Linux Kernel」と「Xスタック」のサポート期間が終了します。

「Ubuntu 14.04.5」では、「Ubuntu 16.04」の「Linux Kernel」と「Xスタック」が採用されます。

Ubuntuのバージョン Linux KernelとXスタックの
採用元のUbuntuのバージョン
Linux Kernelの
バージョン
Xスタックの
バージョン
Ubuntu 14.04.5 Ubuntu 16.04 4.4 1.18.3

これらの「Linux Kernel」と「Xスタック」は、「Ubuntu 14.04」のサポート期間が終了するまでサポートされます。

サポート期間が終了する時にアップグレードする必要がある

「Ubuntu 14.04.2」〜「Ubuntu 14.04.4」にかけて導入された「Linux Kernel」と「Xスタック」を利用している人は、サポート期間が終了する時に「Linux Kernel」と「Xスタック」をアップグレードする必要があります。

その時が来れば案内が表示されるので、画面の指示に従ってアップグレードを行ってください。

最終的に最後までサポートされるLinux KernelとXスタック

「Ubuntu 14.04」のサポート期間が終了するまでサポートされる「Linux Kernel」と「Xスタック」は、以下の2種類になります。

Linux KernelとXスタックの
採用元のUbuntuのバージョン
Linux Kernelの
バージョン
Xスタックの
バージョン
ー(オリジナル) 3.13 1.15.1
Ubuntu 16.04 4.4 1.18.3

これらの「Linux Kernel」と「Xスタック」は、「Ubuntu 14.04」のサポート期間が終了するまでサポートされます。

バージョンを確認するには

「Linux Kernel」と「Xスタック(Xサーバー)」のバージョンを確認する方法です。

1.Linux Kernelのバージョン確認

「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

uname -r

 
「Linux Kernel」のバージョンが表示されます。
上記の場合、「Linux Kernel」のバージョンは「4.2.0」になります。

2.Xスタック(Xサーバー)のバージョン確認

「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

Xorg -version


「Xサーバー」のバージョンが最初に表示されます。
上記の場合、「Xサーバー」のバージョンは「1.17.2」になります。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション