kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu 14.04からUbuntu 16.04へアップグレード

「Ubuntu 16.04.1」がリリースされ、「Ubuntu 14.04」から「Ubuntu 16.04」へアップグレードできるようになりました。


「Ubuntu 14.04」から「Ubuntu 16.04」へアップグレードすると、「Ubuntu」のバージョンは「Ubuntu 16.04.1」になります。


アップグレード通知は、2016/7/28に有効になりました。
「Ubuntu 16.04.1」リリースと同時にアップグレード通知が有効にならない理由は、いくつかのQAテストを経てからアップグレード通知を有効にするためです。

Ubuntu 14.04は2019年4月までサポートされる

「Ubuntu 14.04」は2019年4月までサポートされます。
従って急いでアップグレードする必要はありません。
バックアップの作成など事前に十分準備してからアップグレードを行いましょう。

Ubuntu 16.04は2021年4月までサポートされる

「Ubuntu 16.04」は2021年4月までサポートされます。

プリンタードライバーのサポート状況改善とLSBパッケージの復活

「Ubuntu 16.04.1」では、プリンタードライバーのサポート状況を改善するため、「LSB(Linux Standard Base)」互換パッケージが再導入されています。

「LSB」のサポートは「Debian」が2015年9月頃にサポート停止を決定し、「Ubuntu」も2015年11月にその決定に従いました。

しかし「LSB」に依存するプリンタードライバーをサポートするため、また、OpenPrintingからプリンタードライバーを自動ダウンロードできるようにするため、「LSB」パッケージが復活しています。


Ubuntu 14.04からUbuntu 16.04へアップグレードするには

Ubuntu 14.04からUbuntu 16.04へアップグレードする方法です。

アップグレード通知

「ソフトウェアの更新」を起動すると、以下のようにアップグレードの通知が表示されます。


アップグレードする場合は、「アップグレード」ボタンをクリックします。

ログイン時のアップグレード通知

ユーザーのログイン時にもアップグレード通知が表示されます。


こちらの画面で「今すぐアップグレードする」ボタンを押しても何も反応がないときは、上記の「ソフトウェアの更新」からアップグレードを行ってください。

アップグレード通知が表示されない場合は

上記の通知が表示されない人は、「ソフトウェアソース」を開いて「Ubuntuの新バージョンの通知」が「長期サポート(LTS)版」になっているか確認してください。


また「ソフトウェアの更新」でパッケージのアップデートがある場合、すべてアップデートを行い、他にアップデートがない状態にしてください。



リリースノート

アップグレードを開始すると、以下のようにリリースノートが表示されます。


「アップグレード」ボタンをクリックし、画面に表示される案内に従って操作してください。
リリースノートについては、以下も参考にしてください。


アップグレードの注意事項について

「Ubuntu 14.04」から「Ubuntu 16.04」へアップグレードする際の事前準備と注意事項は、以下を参考にしてください。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション