kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

VirtualBox 5.1.2がリリースされました

2016/7/21に「VirtualBox 5.1.2」がリリースされました。


VirtualBoxのアップデート

VirtualBoxのリポジトリーを利用している人は、「ソフトウェアの更新」で「VirtualBox 5.1.2」にアップデートできます。


注意

「VirtualBox 5.1.2」にアップデートする時は、必ず事前に「VirtualBox」が起動していないことを確認してください。
「VirtualBox」が起動している状態でアップデートを行うと、アップデートに失敗します。

VirtualBox拡張パックのインストール

「VirtualBox」アップデート後に「VirtualBox」を起動すると、VirtualBox拡張パックのインストールが促されます。


VirtualBox拡張パックをインストールすると、USB 3.0ホストコントローラーの利用など、VirtualBoxで利用できる機能が増えます。
画面の案内に従い、VirtualBox拡張パックをインストールしておきます。
パスワードの入力が表示されたら、現在ログインしているユーザーのパスワードを入力してください。

VirtualBox拡張パックのインストールが促されない時は

VirtualBox拡張パックのインストールが促されない時は、「ファイル」メニューを開き「アップデートを確認」をクリックしてください。


VirtualBoxのインストール

VirtualBoxを新規にインストールする場合は、「VirtualBox 5.1.0をインストールするには」を参考にしてください。

VirtualBox 5.1.2の変更点

VirtualBox 5.1.2の変更点は、「ChangeLog」を参考にしてください。
今回のリリースはメンテナンスリリースなので、不具合の修正が主な変更点になります。

  • スクリーンショットが取れない不具合の修正
  • ウィンドウの閉じるボタンでエラーや警告ウィンドウが閉じれない不具合の修正
  • 仮想マシンウィンドウのリサイズに関する不具合の修正
  • セッション情報ウィンドウ表示時、ランタイム情報タブをアクティブにするように変更
  • Alt+Tabキーの不具合の修正 
  • 固定サイズのVHDイメージの作成に関する不具合の修正
  • 仮想マシン終了時にハングする問題の修正
  • USB使用時にクラッシュする問題の修正
  • AC’97(サウンド)使用時、ボリューム制御が動作しなかった問題の修正
  • AC’97(サウンド)使用時、仮想マシンがハングする問題の修正
  • SB16(サウンド)に関する不具合の修正
  • EFIからSATAポート2以降へのアクセスに関する問題の修正
  • MACアドレスの生成に関する問題の修正
  • 終了時にクラッシュする問題の修正 
  • VRDPの認証に関する問題の修正
  • USBの識別子(ProductID/VendorID)の省略表示に関する問題の修正
  • グラフィックコントローラーの設定がない時にクラッシュする問題の修正
  • EL5のビルドに関する問題の修正
  • SELinuxを使用したゲストOSで3Dアクセラレーションが動作しない問題を修正
  • ユーザーマニュアルの更新

仮想マシンにUbuntu 16.04をインストール

ホスト「Ubuntu 16.04 64bit」 + 仮想マシン「Ubuntu 16.04 64bit」の環境に、「Guest Additions」をインストールして利用してみましたが、現状特に問題は起きていません。


Unityも3Dアクセラレーションが有効な状態で動作しています。


Guest Additionsをインストールし、3Dアクセラレーションを有効にしておく

仮想マシンにUbuntuをインストールした後やVirtualBoxをアップデートした後は、忘れずに「Guest Additions」をインストールしておきましょう。


Guest Additions」のインストール状況は、「セッション情報」から確認できます。


また忘れずに、仮想マシンの設定で3Dアクセラレーションを有効にしておきましょう。



関連記事一覧
オプション