kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Build 14376の変更点

2016/6/28にリリースされたBuild 14376の「WSL」に関する変更点です。

前回リリースされたビルドのビルド番号は「Build 14371」なので、今回のリリースの変更点は少ないです。

リリースノート

変更点の詳細は、リリースノートを参照してください。


不具合の修正

Build 14376で行われた不具合の修正です。
リリースノートに記述されていない不具合の修正も行われています。

1.apt-getがハングアップする問題の修正

apt-getがハングアップする問題が修正されました。


2.空のマウントを適切に処理するようになった

空のマウントが適切に処理されていなかった問題を修正し、適切に処理されるようになりました。

3.ramdiskが正常にマウントされるようになった

ramdiskが正常にマウントされていなかった問題を修正し、正常にマウントされるようになりました。

4.ソケットでフラグをサポート

UNIXソケットでフラグをサポートするように変更されました。


5.ネットワークの問題の修正

ブルースクリーンに関係するネットワークの共通的な問題を修正しました。

6./proc/[pid]/taskのアクセスに関する問題の修正

「/proc/[pid]/task」にアクセスした際、ブルースクリーンになる問題を修正しました。


7.CPUの使用率が高くなる現象の修正

いくつかのptyの利用時において、CPUの使用率が高くなる現象を修正しました。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション