kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

LXQt 0.11がリリースされました

2016年9月24日に「LXQt 0.11」がリリースされました。



前回のリリースである「LXQt 0.10」から11ヶ月ぶりのリリースです。
今後はもっと頻繁にリリースを行っていくとのことです。

変更点をいくつかピックアップします。

1.リリース管理について

「LXQt」では、通常リリースとポイントリリースの両方を行い、理にかなったタイミングならいつでも重要な修正をバックポートしていきます。

6ヶ月おきにリリースするような固定的なリリーススケジュールは、LXQtの開発にそぐわないため導入できないとのことです。

2.ドキュメントの改善

ドキュメントの整備が行われ、GitHub wikiのコンテンツが改善されました。
「LXQt」プロジェクトにより管理されているリポジトリー内のすべてのコンポーネントに、「README.md」が提供されています。

3.設定ファイルの変更

「LXQt」上で動作する「Openbox」のユーザー固有の設定ファイルは、「~/.config/openbox/lxqt-rc.xml」が使用されます。
設定ファイルの詳細は、以下を参照してください。


4.タスクバーがマルチモニターをサポート

「LXQt」のタスクバーである「lxqt-panel」が、マルチモニター環境でも動作するようになりました。


関連記事一覧
オプション