kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

新しいSkypeの噂

現在のLinux向け「Skype」の最新α版は、先日リリースされた「Skype 1.8 α版」です。


元々「Skype」は「スカイプ・テクノロジーズ」によって開発されていました。
2011年5月に「スカイプ・テクノロジーズ」は「Microsoft」によって買収され、今は「Microsoft」の1事業となっています。

さて次期メジャーバージョンの新しい「Skype」が「Microsoft」によって開発されているのではないか、と言う噂が流れています。


この新しい「Skype」はクロスプラットフォームで提供され、新しい「Skype」の開発コードは「Skype for Life」と名付けられているとことです。
対応OSは以下の通りです。

  • Windows
  • macOS
  • Linux
  • iOS
  • Android

1つのSkypeクライアントですべてのOSをサポート

現在Skypeクライアントは、以下のように様々なOS向けにOSごとに提供されています。

  • 伝統的なWindowsデスクトップ
  • Windows10 ユニバーサルWindowsプラットフォーム 
  • Windows 10 Mobile
  • XBox
  • Skype Webクライアント
  • Webベースのスタンドアローンアプリ(Linux向け)
  • iOS
  • Android 
  • macOS

この煩雑な状況を解決するため、「Microsoft」は1つの「Skype」クライアントですべてのOSをサポートするとのことです。
そしてこの「Skype」クライアントの開発コードは「Skype for Life」であるとのことです。
 

ロンドンオフィスの閉鎖

拠点の統廃合や人員整理を行うようですね。

Microsoftは今週、Skypeの主な開発拠点の1つであるロンドンオフィスを閉鎖した。
これにより220の雇用がなくなり、300人を超える人々が仕事を失う。
ロンドンオフィスの閉鎖は、今年の7月にアナウンスされていたことだ。

Microsoftの声明では、以下のように述べている。

Microsoftはロンドン中にあるオフィスを統合する予定であり、雇用者はPaddington(パディントン)にある新しいMicrosoftのオフィスへと移動する予定だ。

Microsoftは、ロンドンの事業所が担う役割を見直し、エンジニアリング部門を統廃合する決定を下した。
この過程の中でSkypeやYammerの開発や運営に大きな影響を出さないよう、我々は最大限の努力を行う。

可能ならばMicrosoftは協議プロセスに入り新しい機会を提案するつもりだ。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション