kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu 16.04 LTS 日本語 Remix 仮想ディスクイメージ リリース候補版

2016年9月14日に、「Ubuntu 16.04 LTS 日本語 Remix 仮想ディスクイメージ」リリース候補版がリリースされました。



リリース候補版はユーザーにテストしてもらった結果、問題がなければこのリリース候補版がそのまま正式版としてリリースされます。
テストに協力できる方は、上記リンク先を参照してください。

Ubuntu 16.04 LTS 日本語 Remix 仮想ディスクイメージとは

「Ubuntu 16.04 LTS 日本語 Remix 仮想ディスクイメージ」とは、すでに「Ubuntu」をインストールしてある仮想HDDのことです。
仮想ディスクイメージは「VDI」形式で提供されており、そのまま「VirtualBox」に接続することが出来ます。

「日本語 Remix 仮想ディスクイメージ」ですので、もちろん日本語もすぐに利用できます。

通常のディスクイメージと異なりすでに「Ubuntu」がインストールされているため、インストール方法の指定やパーティションの設定など、インストール作業前半に行う作業が不要になります。

必要な作業は初期設定のみ

ユーザーが「Ubuntu」を使いはじめるまでに必要な作業は、タイムゾーンの設定やユーザーアカウントの作成など、必要最低限の作業だけです。

また「Ubuntu」がすでにインストール済みであるため、インストールにかかる時間も少なくて済みます。
環境にもよりますが、全体の作業は10分程度で完了するでしょう。

量販店で販売されている「Windows」でも初めてユーザーが「Windows」を起動した時にユーザーアカウントの設定など初期設定を行います。
それと似たようなものです。

さくっとUbuntuを使いたい人のために

仮想ディスクイメージ利用すれば、「Ubuntu」を使いはじめるまでに必要な作業やインストールにかかる時間を節約できます。

もし「VirtualBox」で利用している「Ubuntu」が壊れて起動しなくなってしまっても、ダウンロードした仮想ディスクイメージに差し替えるだけですぐに初期状態に戻すことも出来ます。

仮想ディスクイメージの中身

仮想ディスクイメージの中身を見てみます。


仮想ディスクイメージのダウンロードサイズ

「Ubuntu 16.04 LTS 日本語 Remix 仮想ディスクイメージ リリース候補版」のダウンロードサイズは、約1.4GiBです。

インストールされているOS

仮想ディスクイメージにインストールされているOSは、「Ubuntu 16.04.1」64bit版です。

日本語環境もバッチリ

「日本語 Remix」なので、すでに日本語環境が構築されています。
「Fcitx」+ 「Mozc」がインストールされています。

仮想ディスクイメージのパーティション構成

仮想ディスクイメージのパーティション構成を「GParted」で見ると、以下のようになっています。


ルートファイルシステムの容量は2TiB

「Ubuntu」がインストールされているルートボリュームの容量は、2TiBです。
「Ubuntu」を利用する上で2TiBもHDD容量があれば、まず空き容量が枯渇することはないでしょう。

「VirtualBox」ですから、必要なら新しい仮想HDDを作成して「VirtualBox」に接続することも可能です。

スワップパーティションの容量は2GiB 

スワップパーティションの容量は2GiBです。
こちらの容量も必要十分な容量です。

「VirtualBox」ですから、仮想マシンに割り当てるメインメモリーの最大容量をいつでも変更することが出来ます。
必要であればメインメモリーの最大容量を調整してください。

パーティションテーブルの形式はMBR

パーティションテーブルの形式は「MBR」形式です。
従って「BIOS」で「Ubuntu」を起動する必要があります。

「UEFI」では起動しないため、仮想マシンの設定で「EFIを有効化」のチェックボックスをオフにしておきましょう。


Ubuntuの仮想マシンを作ってみよう

「Ubuntu 16.04 LTS 日本語 Remix 仮想ディスクイメージ リリース候補版」を利用して、「VirtualBox」で「Ubuntu」の仮想マシンを作成してみます。

作業の大まかな流れは、以下の通りです。

  1. 仮想ディスクイメージのダウンロード
  2. 仮想マシンの作成と設定
  3. Ubuntuの起動と初期設定 
  4. Ubuntuにログイン

環境は以下の通りです。

項目 Linux
ホストOS Ubuntu 16.04 64bit版
VirtualBox VirtualBox 5.1.6

1.仮想ディスクイメージのダウンロード

まず仮想ディスクイメージをダウンロードします。

1-1.仮想ディスクイメージのダウンロード

ここでは「Ubuntu 16.04 LTS 日本語 Remix 仮想ディスクイメージ」をダウンロードします。
仮想ディスクイメージをダウンロードは、以下を参考にしてください。


仮想ディスクイメージのダウンロードサイズは、約1.4GiBです。

以前のバージョンのUbuntuの仮想ディスクイメージをダウンロードするには

「Ubuntu 12.04」や「Ubuntu 14.04」など以前のバージョンの「Ubuntu」でも、仮想ディスクイメージが提供されています。
いずれも正式リリース版が公開されており、以下から仮想ディスクイメージをダウンロードすることが可能です。


「Ubuntu 12.04」では32bit版が提供されており、「Ubuntu 14.04」では64bit版が提供されています。

1-2.アーカイブの展開

仮想ディスクイメージは、「Windows」ユーザーでも簡単に展開できるように「ZIP」で圧縮されています。


適当な場所にアーカイブを展開(解凍)してください。


深い階層に注意

仮想ディスクイメージを「VirtualBox」に接続する際、あまりにもフォルダーの階層が深い(フォルダーパスが長い)と、仮想ディスクイメージの読み込みに失敗するかもしれません。

フォルダー階層が深い場合、アーカイブを展開した後仮想ディスクイメージを上位のフォルダーに移動しておくと良いでしょう。

2.仮想マシンの作成と設定

まず仮想マシンの作成と設定を行います。

2-1.仮想マシンの作成

「VirtualBox」のツールバーから「新規」ボタンをクリックします。
以下の画面が表示されるので、「名前」に仮想マシンの名称を入力します。
どのような名称でも構いませんが、わかりやすい名称を入力しましょう。


「次へ>」ボタンをクリックします。

2-2.メモリーサイズの指定

以下の画面が表示されるので、メインメモリーの容量を指定します。


後からメインメモリーの容量を変更することも可能です。
ここでは例として「1024MB」に設定しておきます。

「次へ>」ボタンをクリックします。

2-3.仮想ハードディスクの設定

以下の画面が表示されるので、「1.」でダウンロードした仮想ディスクを指定します。
「すでにある仮想ハードディスクを使用する」を選択し、ダウンロードした仮想ディスクを指定します。


「作成」ボタンをクリックします。

2-4.マザーボードの設定

作成された仮想マシンを選択しツールバーから「設定」ボタンをクリックすると、仮想マシンの設定画面が表示されます。

仮想マシンの設定画面が表示されたら、左側の設定項目一覧から「システム」を選択し、「マザーボード」タブをクリックします。


この設定画面から、メインメモリーのサイズを変更することが出来ます。
また既定では「EFIを有効化」がオフになっているので、そのままオフにしておきます。
ここでは例として、上記の画像の設定を行っています。

2-5.プロセッサーの設定

「プロセッサー」タブをクリックします。
必要に応じてCPUの論理コア数を「プロセッサー数」から指定します。


「プロセッサー数」は「1」で十分ですが、ホストCPUに余裕があるなら増やすのも良いでしょう。
ここでは例として、上記の画像の設定を行っています。

2-6.ディスプレイの設定

左側の設定項目一覧から「ディスプレイ」を選択し、「スクリーン」タブをクリックします。


ビデオメモリーはデフォルト値から少し増やしておくと良いでしょう。
「3Dアクセラレーションを有効化」のチェックは忘れずにオンにしておきましょう。

ここでは例として、上記の画像の設定を行っています。

3.Ubuntuの起動と初期設定

Ubuntuの起動と初期設定です。

3-1.Ubuntuの起動

作成された仮想マシンを選択しツールバーから「起動」ボタンをクリックすると、仮想マシンが起動します。
少し待つと「Ubuntu」が起動し、以下の言語選択画面が表示されます。


デフォルトで「日本語」が選択されているので、そのまま「続ける」ボタンをクリックします。

3-2.タイムゾーンの選択 

タイムゾーンの選択画面が表示されます。


デフォルトで「Tokyo」が選択されているので、そのまま「続ける」ボタンをクリックします。
もし海外に住んでいる場合は、その国や地域を地図上からクリックして選んでください。

3-3.キーボードレイアウトの設定

キーボードレイアウトの設定画面が表示されます。


一般的な日本語キーボードを利用しているなら、「日本語 - 日本語 (OADG 109A)」を選択します。
「続ける」ボタンをクリックします。

3-4.ユーザーアカウントの設定

ユーザーアカウントの設定画面が表示されるので、ユーザーアカウントの情報を入力します。


あなたの名前

ユーザーのフルネームを入力します。
インストール後に、設定を変更することができます。

コンピューターの名前

PCのホスト名を入力します。
PCのホスト名は、ネットワーク上で表示されるPCの名前です。

英数字及び一部記号が利用できます。

ユーザー名の入力

ユーザー名を入力します。
こちらは「あなたの名前」と異なり、「Ubuntu」がユーザーを一意に識別するIDになります。

入力できる文字は、英数字と一部の記号のみです。

パスワードの入力

ユーザーのパスワードを入力します。
ログインする時などに利用されます。

インストール後に、設定を変更することができます。

パスワードの確認

確認のため、「パスワードの入力」で入力したパスワードと同じパスワードを入力します。

自動的にログインする

このオプションを選択すると、ここで作成したユーザーで自動的にログインします。
パスワードの入力も省略されます。

インストール後に、設定を変更することができます。

ログイン時にパスワードを要求する

このオプションを選択すると、ログイン画面を表示しユーザーの選択及びパスワードの入力を求めます。
インストール後に、設定を変更することができます。

ホームフォルダを暗号化する

ユーザーのホームフォルダを暗号化します。
よく分からない場合は使用オフにしてください。

3-5.設定完了

後は待つだけです。


以上で作業は完了です。

4.Ubuntuにログイン

ログイン画面が表示されるので、「Ubuntu」にログインします。

4-1.ログイン

ユーザーのパスワードを入力してログインします。


4-2.デスクトップ画面

以下のようにデスクトップ画面が表示されます。


不穏なエラーメッセージがでることも・・・

上記手順の「3-5.」以降、以下のように不穏なメッセージが出るケースがありました。


「閉じる」ボタンをクリックすると、処理自体は続行されます。

ログイン画面がおかしい

上記のメッセージが出るケースでは、以下のようにログイン画面の背景が単色になります。


ログイン画面上部に表示されるはずのバーもありませんでした。

そしてログインできず

ログイン画面でユーザーのパスワードを入力しログインしたのですが、いつまで経っても画面が点滅を繰り返したまま、「Unity」が現れることはありませんでした。
30分待ってもダメだったので、仮想マシンをシャットダウンしました。

~/.xsession-errors

ログイン後に画面に何も表示されない時は、まず「~/.xsession-errors」を確認します。
以下のように「Unity」が何度も起動しようとしてkillされている様子が分かります。

openConnection: connect: そのようなファイルやディレクトリはありません
cannot connect to brltty at :0
upstart: unity7 プロセス main (3017) はシグナル SEGV でkillされました
upstart: unity7 main プロセスが終了しました、再生成しています
upstart: unity7 プロセス main (3362) はシグナル SEGV でkillされました
upstart: unity7 main プロセスが終了しました、再生成しています
upstart: unity7 プロセス main (3394) はシグナル SEGV でkillされました
upstart: unity7 main プロセスが終了しました、再生成しています
upstart: unity7 プロセス main (3414) はシグナル SEGV でkillされました
upstart: unity7 main プロセスが終了しました、再生成しています
upstart: unity7 プロセス main (3432) はシグナル SEGV でkillされました
upstart: unity7 main プロセスが終了しました、再生成しています
upstart: unity7 プロセス main (3449) はシグナル SEGV でkillされました
upstart: unity7 main プロセスが終了しました、再生成しています
upstart: unity7 プロセス main (3466) はシグナル SEGV でkillされました
upstart: unity7 main プロセスが終了しました、再生成しています

「SEGV」は「セグメンテーション違反」でしょうか。

/var/log/syslog

次に「/var/log/syslog」を見てみます。
以下のような、GTK+テーマで使用するイメージが読み込めないエラーが大量でに出ています。

Sep 22 16:59:08 ubuntu-vb-16 gnome-session[2881]: to make things work again for the time being.
Sep 22 16:59:09 ubuntu-vb-16 gnome-session[2881]: (nautilus:3176): Gtk-WARNING **: Error loading image 'file:///usr/share/themes/Ambiance/gtk-3.0/assets/entry.png': Unrecognized image file format
Sep 22 16:59:09 ubuntu-vb-16 gnome-session[2881]: (nautilus:3176): Gtk-WARNING **: Error loading image 'file:///usr/share/themes/Ambiance/gtk-3.0/assets/entry-disabled.png': Unrecognized image file format
Sep 22 16:59:09 ubuntu-vb-16 gnome-session[2881]: (nautilus:3176): Gtk-WARNING **: Error loading image 'file:///usr/share/themes/Ambiance/gtk-3.0/assets/button.png': Unrecognized image file format
Sep 22 16:59:09 ubuntu-vb-16 gnome-session[2881]: (nautilus:3176): Gtk-WARNING **: Error loading image 'file:///usr/share/themes/Ambiance/gtk-3.0/assets/button-active.png': Unrecognized image file format

その直後、「Compiz」がクラッシュしています。

Sep 22 16:59:10 ubuntu-vb-16 kernel: [   33.969812] show_signal_msg: 33 callbacks suppressed
Sep 22 16:59:10 ubuntu-vb-16 kernel: [   33.969816] compiz[3017]: segfault at e0 ip 00007fe66d16d263 sp 00007ffdbfd21780 error 4 in libnux-graphics-4.0.so.0.8.0[7fe66d120000+cf000]
Sep 22 16:59:10 ubuntu-vb-16 org.freedesktop.fwupd[1848]: (fwupd:3259): Fu-WARNING **: Failed to coldplug: UEFI firmware updating not supported
Sep 22 16:59:10 ubuntu-vb-16 dbus[1848]: [system] Successfully activated service 'org.freedesktop.fwupd'
Sep 22 16:59:12 ubuntu-vb-16 kernel: [   35.549486] compiz[3362]: segfault at e0 ip 00007f48b196c263 sp 00007ffed6028560 error 4 in libnux-graphics-4.0.so.0.8.0[7f48b191f000+cf000]
Sep 22 16:59:13 ubuntu-vb-16 kernel: [   36.538636] compiz[3394]: segfault at e0 ip 00007f11eb14a263 sp 00007fffbf893800 error 4 in libnux-graphics-4.0.so.0.8.0[7f11eb0fd000+cf000]

ちなみに「/var/log/Xorg.0.log」には、これといった情報は出力されていませんでした。
また再現性が確実ではなく、何をきっかけにしてこの現象が発生するのかも不明です。

作業をやり直した

現在接続している仮想HDDを「VirtualBox」から削除し、ダウンロードしたアーカイブをもう一度展開後、再度その仮想ディスクイメージから作業をやり直したところ、正常にログインできるようになりました。

ちなみに接続している仮想HDDの削除は、「ファイル」メニューの「仮想メディアマネージャー」から削除してください。
「Nautilus」等ファイルマネージャーから直接仮想HDDを削除しないでください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション