kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Linux Kernel 4.8採用

もうすぐ登場予定の「Ubuntu 16.10 最終β」ですが、「Linux Kernel 4.8」が採用されるとのことです。



「Ubuntu 16.04」では「Linux Kernel 4.4」が採用されていましたから、4回バージョンアップをしていることになります。

「Linux Kernel 4.5」〜「Linux Kernel 4.7」までの主な変更点は、以下を参照してください。

バージョン リリース日
Linux Kernel 4.5 2016/3/13
Linux Kernel 4.6 2016/5/15
Linux Kernel 4.7 2016/7/24

「Linux Kernel 4.8」は現在「RC7」であり、2016年10月2日に正式リリースされる予定です。
「RC7」は2016年9月19日にリリースされています。

つい先日まで開発中の「Ubuntu 16.10」に採用されていた「Linux Kernel」は、「Ubuntu 16.04」と同じ「Linux Kernel 4.4」に「Linux Kernel 4.6」からのパッチを当てていたものでした。

最終的に「Ubuntu 16.10」では「Linux Kernel 4.8」が採用される予定です。

最終βのリリースが1日程度遅れる

最終ベータのリリースを控えている「Ubuntu 16.10」ですが、当初のリリーススケジュールである2016年9月22日から1日程度遅れるとのことです。
(日本時間だとさらに+1日程度)


リリース直前のアーカイブの更新や「Linux Kernel 4.8」への対応など「Ubuntu」の開発者が多忙な状況であり、木曜のリリースを目指しているが、木曜の夜から金曜日の朝にリリースが遅れるかもしれないとのことです。

日本時間ですと明日には、「Ubuntu 16.10 最終β」及び各フレーバーがリリースされると思われます。

関連記事一覧
オプション