kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu MATE 16.10 β2の変更点

「Ubuntu MATE 16.10 β2」のリリースノートから、「Ubuntu MATE 16.10 β2」の変更点をピックアップします。


「Ubuntu MATE 16.10 β2」のリリースノートは、以下をを参照してください。


β2リリース以降、開発チームは「Ubuntu MATE 16.10」のリリースに向け、多くの不具合の修正に注力していきます。

MATE Desktop 1.15.1を採用

「Ubuntu MATE 16.10 β2」では、「MATE Desktop 1.15.1」を採用しています。
正式リリースでは、先日リリースされた「MATE Desktop 1.16」が採用されます。

GTK+3への移行に向けて

「Ubuntu MATE 16.10」の開発サイクルは、「GTK+3」への移行に入りました。
また「古き良き機能」の構築のため、新しい基盤の作成もこのサイクルで行われる予定です。

Ubuntu MATE 16.10 β2の利用をお勧めするユーザーとお勧めしないユーザー

開発版を利用しているユーザーは「安定して動作している」と言っていますが、目的により「Ubuntu MATE 16.10 β2」をお勧めできるユーザーとそうでないユーザーがいます。


β2版をお勧めするユーザー

  • 「Ubuntu MATE」のテスト、不具合の発見や報告、不具合の修正など開発を手伝うユーザー 
  • 「Ubuntu MATE」、「MATE」、「GTK+」の開発者

β2版をお勧めしないユーザー

  • 開発版で発生する不具合は遠慮したい一般的なユーザー
  • 安定したシステムを必要とするユーザー
  • 頻繁にシステムが壊れる可能性を許容できないユーザー
  • 日々の作業にシステムやソフトウェアの信頼性を必要とするユーザー

VirtualBoxがお勧め

実機へのインストールがためらわれるが「Ubuntu MATE 16.10 β2」を利用してみたいユーザーは、「VirtualBox」に「Ubuntu MATE 16.10 β2」をインストールすると良いでしょう。

β1からの変更点

「Ubuntu MATE 16.10 β1」からの変更点です。

1.MATE Desktop 1.15.1へアップグレード

上記でも記述したように、 β2では「MATE Desktop 1.15.1」が採用されています。
これは1.15系最新のスナップショットであり、多くの不具合の修正がなされています。
また「GTK+3」との互換性も改善されています。


先日リリースされた「MATE Desktop  1.16」はもうすぐ「Ubuntu MATE 16.10」向けにアップデートが提供されます。

2.テーマのアップデート

「Ubuntu MATE 16.10」で採用されるテーマが更新され、「GTK+3.20」との互換性が大幅に改善されています。


3.ようこそ画面のアップデート

ようこそ画面が「Ubuntu MATE Welcome 16.10.9」にアップデートされています。


このアップデートでは、以下の改善が行われています。

  • 検索ボックスに自動的にフォーカスを設定する
  • Getting Startedのデザインのアップデート
  • ヘッダーとフッターのシャドウやフッターアイコンのアップデート
  • Ambiant MATE以外のテーマ設定時に発生するチラつきの低減
  • その他多くの不具合修正 

アプリのインストールに関するアップデート

以下のアプリのインストールに関する問題が修正されました。

  • Audio Recorder
  • Gajim
  • InSync
  • KDE Connect Indicator
  • Kodi
  • Hedgewars
  • HipChat
  • MakeMKV
  • OBS Studio
  • Play on Linux
  • Ubuntu SDK
  • Ubuntu Software
  • Veracrypt
  • Wine Devel

新たにインストールできるようになったアプリ

以下のアプリが新たにインストールできるようになりました。

  • Deja-Dup
  • Brasero
  • gElemental
  • GNS3
  • Thunderbird
  • Skype for Linux Alpha

4.MATE Tweakの不具合修正

「MATE Tweak」で「Compiz」に切り替える際、「MATE Tweak」がクラッシュする問題が修正されました。


5.お天気アプレットの不具合修正

お天気アプレットの不具合が修正され、正常に動作するようになりました。


6.その他の変更点

「Linux Kernel 4.8」の採用などデスクトップ環境に依存しないソフトウェアの変更点は、「Ubuntu」と同じです。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション