kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Kubuntu 16.10の変更点と既知の問題

「Kubuntu 16.10」のリリースノートから、「Kubuntu 16.10」の変更点と既知の問題を紹介します。


1.サポート期間は9ヶ月

「Kubuntu 16.10」は通常リリースとなるため、サポート期間は9ヶ月になります。
従って2017年7月までサポートが提供されます。

1つ前のバージョンである「Kubuntu 16.04」はLTSリリースであるため、3年間の長期サポートが提供されます。
長いサポート期間や安定性を重視する人は、「Kubuntu 16.04」を利用すると良いでしょう。

2.Plasma 5の採用

次世代のKDEデスクトップである「Plasma 5」を採用しています。
従来の馴染みのある使い勝手を維持しつつ、更に洗練された使いやすさを提供します。


「Kubuntu 16.10」で採用している「Plasma 5」は、2016年9月13日にリリースされたばかりの「KDE Plasma 5.7.5」を採用しています。

また「KDE Frameworks 5.26.0」を採用し、「KDE Frameworks 5.26.0」と「KDE Plasma 5.7.5」の組み合わせにより、デスクトップでより快適な作業を行えるようになっています。

3.KDE Applications 16.04.3の採用

デフォルトのファイルマネージャーである「Dolphin」含めKDEアプリケーションは、2016年7月12日にリリースされた「KDE Applications 16.04.3」を採用しています。


より一層多くのアプリケーションが「KDE Frameworks 5」に移植されましたが、まだ移植されていないアプリケーションでもデスクトップに綺麗に統合されています。

4.LibreOffice 5.2とFirefox 49の採用

KDEアプリケーション以外では、「LibreOffice 5.2」と「Firefox 49」を採用しています。
この点は「Ubuntu」と同じですね。



5.その他の変更点

「Linux Kernel」などデスクトップに影響しないソフトウェアの変更点は、「Ubuntu」と同じです。


既知の問題

すでに明らかになっている問題や注意事項です。

1.アップグレード

「Kubuntu 16.04」から「Kubuntu 16.10」にアップグレードする時は、事前にユーザーが「ubuntu-release-upgrader-qt」パッケージをインストールしておく必要があります。


2.GTK+3アプリのスクロールバーやボタン表示が綺麗に統合できていない

GTK+3アプリのスクロールバーやボタン表示が「Kubuntu」のデスクトップに合うように綺麗に統合できていません。


3.Driver managerが正常に動作しない

「Driver manager」が「Collecting information about your system」メッセージを表示したまま処理が先に進みません。



4.Ubiquity-DMがクラッシュする

ディスクイメージから起動したKubuntuのUbiquity-DMがクラッシュします。


5.その他の問題

デスクトップ環境に依存しない問題は、「Ubuntuの既知の問題」を参照してください。


関連記事一覧
オプション