kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Lubuntu 16.10の変更点と既知の問題

「Lubuntu 16.10」のリリースノートから、「Lubuntu 16.10」の変更点と既知の問題を紹介します。


1.サポート期間は9ヶ月

「Lubuntu 16.10」は通常リリースとなるため、サポート期間は9ヶ月になります。
従って2017年7月までサポートが提供されます。

1つ前のバージョンである「Lubuntu 16.04」はLTSリリースであるため、3年間の長期サポートが提供されます。
長いサポート期間や安定性を重視する人は、「Lubuntu 16.04」を利用すると良いでしょう。

2.LXQtの採用延期

「LXQt」の採用を延期し、 「Lubuntu 16.10」では引き続き「LXDE」を採用しています。
「LXQt」は次期バージョンである「Lubuntu 17.04」で再度採用の検討が行われます。

3.LXQtの採用に向けた不具合の修正

「LXQt」の採用は見送られましたが、「LXQt」の採用に向けた不具合の修正が行われています。

4.LXDEのアップデート

「LXDE」のコンポーネントがアップデートされています。

5.アートワークのアップデート

壁紙などアートワークがアップデートされています。

6.Linux Kernel 4.8の採用

「Ubuntu 16.10」同様、「Linux Kernel 4.8」が採用されています。


5.その他の変更点

「Linux Kernel」などデスクトップに影響しないソフトウェアの変更点は、「Ubuntu」と同じです。

システム要件

CPU:Pentium 4/Pentium M/AMD K8以上
メモリー:最低512MiB/推奨1GiB以上

既知の問題

すでに明らかになっている問題や注意事項です。

1.Gnumericのライセンスボタンが機能しない

「Gnumeric」の「ヘルプ」メニューの「このアプリケーションについて」をクリックした時に表示される画面で、「ライセンス」ボタンをクリックしても動作しません。



2.追加のドライバーでCPUが正しく認識されない

「ソフトウェアとアップデート」の「追加のドライバー」タブで、環境によってはCPUが正しく認識されません。



3.ImageMagickが起動しない

スタートメニューから「ImageMagick」を起動しても、「ImageMagick」が起動しません。


4.gpartedがライブUSBメモリーを認識しない

「gparted」がライブUSBメモリー( iso9660ファイルシステム)を認識しません。


5.sh: 1: /lib/libc.so.6: not foundエラーが起きる

「端末」から「Hardinfo」を起動すると、「sh: 1: /lib/libc.so.6: not found」エラーが表示されます。


6.実行ダイアログの表示位置が正しい位置に表示されない

実行ダイアログがパネル設定を開いているデスクトップ上に表示されます。



7.デスクトップの名称が正しく設定できない

仮想デスクトップの名称を変更しても、正しく反映されません。



8.ディスクイメージのサイズがCDサイズを超える

ディスクイメージのサイズがCDサイズを超えています。
ライブメディアはDVDかUSBメモリーを利用して作成する必要があります。

どうしてもCDでライブメディアを作成する必要がある場合は、サーバーやnetbootのディスクイメージを利用して、Lubuntuをインストールしてください。

9.インストーラーのスライドショーでLubuntu Software Centerが表示される

「Lubuntu」のインストーラーのスライドショーで、「Lubuntu Software Center」が表示されます。
「Lubuntu 16.10」では、「Lubuntu Software Center」に代わり「GNOME Software」がインストールされます。


10.インストーラーでエラーが出力される

インストーラーで「The :insensitive pseudo-class is deprecated. Use :disabled instead.」エラーが出力されます。


11.その他の問題

デスクトップ環境に依存しない問題は、「Ubuntuの既知の問題」を参照してください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション