kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

2016年9月にSnapパッケージになった10のデスクトップ向けアプリケーション

2016年9月にSnapパッケージになった10のアプリケーションを紹介します。

毎月多くのsnapパッケージが作成されています。
Snapsは開発者がアプリをパッケージングする新しい方法です。
debやrpmなど従来のパッケージと比較すると、snapパッケージには多くの優位性があります。

Snapsは安全で隔離された環境を提供し、バージョンアップしたアプリに問題があれば、以前のバージョンに戻すことも可能です。
SnapsはまさにLinuxアプリケーションをパッケージングする将来性のある仕組みです。


1.Snap-codelabs

Snap-codelabs」はSnapパッケージの作成をステップバイステップで学ぶためのソフトウェアです。

2.Nutty

Nutty」は、ネットワークに関連した情報を表示するアプリケーションです。


3.Claws-mail-moon127

Claws-mail-moon127」は軽量で豊富なカスタマイズ設定を提供するGTK+で作られたメールクライアント及びニュースリーダーです。
有名なアプリケーションですね。


4.Bitlbee-sajoupa

Bitlbee-sajoupa」はIRCクライアントソフトです。


5.Mosquitto-simple

Mosquitto-simple」はMQTTプロトコルをサポートしたメッセージブローカーです。


6.Sensors Unity

Sensors Unity」は、「sensors」コマンドの出力を監視し視覚的に表示するアプリケーションです。


7.Baugeschichte

Baugeschichte」は、街にある建造物の歴史や画像を表示するアプリケーションです。
データは「www.housetrails.org」から取得します。


8.RubeCube

RubeCube」は、ルービックキューブアプリケーションです。


9.Tmx

Tmx」はターミナルマルチプレクサーです。
1つのウィンドウで複数の端末を実行できます。


10.Emoj

Emoj」は、絵文字を検索するコマンドです。


アプリのアイコンが表示されるようになった

今まで「Ubuntuソフトウェア」では、Snapアプリには常にパッケージのアイコンが表示されていましたが、アプリ側で対応していればアプリのアイコンが表示されるようになりました。


視覚的に分かりやすくなりましたね。


関連記事一覧
オプション