kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

リリースノートから変更点や既知の問題をピックアップ

「Ubuntu 16.10」のリリースノートから変更点や既知の問題をピックアップします。
ここではデスクトップユーザー向け(Ubuntu Desktop)の内容を中心にピックアップします。


リリースノートは以下を参照してください。


1.サポート期間は9ヶ月

「Ubuntu 16.10」は通常リリースとなるため、サポート期間は9ヶ月になります。
従って2017年7月までサポートが提供されます。

1つ前のバージョンである「Ubuntu 16.04」はLTSリリースであるため、5年間の長期サポートが提供されます。
長いサポート期間や安定性を重視する人は、「Ubuntu 16.04」を利用すると良いでしょう。

2.Unity 7がデフォルトのセッション

引き続き「Unity 7」がデフォルトのセッションになっています。


3.Linux Kernel 4.8採用

「Ubuntu 16.10」では、「Linux Kernel 4.8」をベースとした「Linux Kernel」を採用しています。


「Ubuntu 16.04」では「Linux Kernel 4.4」が採用されていましたから、4回バージョンアップをしていることになります。
「Linux Kernel 4.5」〜「Linux Kernel 4.8」までの主な変更点は、以下を参照してください。

バージョン リリース日
Linux Kernel 4.5 2016/3/13
Linux Kernel 4.6 2016/5/15
Linux Kernel 4.7 2016/7/24
Linux Kernel 4.8 2016/10/2

4.gnupg2採用

今までは「gnupg」を採用していましたが、「Ubuntu 16.10」では「gnupg2」を採用しています。


「gnupg2」は署名などPGPの操作や管理を行うソフトウェアです。

5.LibreOffice 5.2の採用

オフィススイートである「LibreOffice」は、「LibreOffice 5.2.2.2」が採用されています。
またデフォルトで「GTK+3」を利用した実装が使用されます。


LibreOffice Writer 5.2の新機能紹介動画




例えば、以下の機能が追加や改善がなされています。
  • シングルツールバーモード
  • 相互参照タブでフィルターを選択
  • 再設計されたブックマークダイアログウインドウ

LibreOffice Calc 5.2の新機能紹介動画




例えば、以下の機能が追加や改善がなされています。

  • 新しい表計算関数
  • XLS/XLSX と ODF 1.2 の互換性を保つワイルドカードのサポート
  • ローカルスコープにある名前付き式や範囲を他のシートで使用
  • シートコピー時の名前付き式や範囲のコピー
  • 数値の書式の改善

LibreOffice Impress 5.2の新機能紹介動画




6.ソフトウェアの更新がPPAのchangelog表示に対応

今まで「ソフトウェアの更新」はPPAのchangelogの表示には対応していませんでしたが、「Ubuntu 16.10」ではPPAのchangelogも表示されるようになります。


7.多くのGNOMEアプリが3.22にアップデート

多くのGNOMEアプリが3.22にアップデートされました。
「Nautilus」等一部のアプリは、3.20のGNOMEアプリを採用しています。

8.Nautilus 3.20の採用

デフォルトのファイルマネージャーである「Nautilus」は、「Nautilus 3.20」を採用しています。


9.ユーザーセッションがsystemdへ移行

今までユーザーセッションに「upstart」を採用していましたが、「Ubuntu 16.10」では「systemd」を採用しています。



10.Unity 8をデフォルトでインストール

次世代のデスクトップ環境である「Unity 8」とディスプレイサーバーである「Mir」がデフォルトでインストールされるようになりました。


「Unity 8」は「Developer Preview」という位置づけです。
α版やそれ以前の扱いですので、常用には向きません。

既知の問題

既知の問題です。

1.Wifiのアクセスポイントを表示しない

OEMエンドユーザーモード(OEMインストール)において、ネットワークインジケーターがWifiのアクセスポイントを表示しません。


回避策は、PCを再起動することです。

2.Bluetootドライバーが全く機能しない

「Dell」製ノートPCの「XPS13 9434」にて、Bluetootドライバーが全く機能しません。


3.GTK+テーマの表示が崩れる

「GTK+ 3.20」にて「GTK+テーマ」の仕様が変更されました。
そのため「GTK+テーマ」の開発者は、その仕様に合うようにテーマを修正する必要があります。

「Ubuntu 16.04」で正常に表示されていた「GTK+テーマ」でも、「Ubuntu 16.10」では表示が崩れる可能性があります。

多くの人気のある「GTK+テーマ」は「GTK+ 3.20」と互換性を確保するように修正が行われています。

4.Unity 8でスクリーンショットを作成すると、フリーズする

「Unity 8」でスクリーンショットを作成すると、時々画面がフリーズします。


5.Unity 8で再生/停止メディアキーを押すと、フリーズする

「Unity 8」でメディアキーの「再生/停止」キーを押すと、「Unity 8」がフリーズします。


6.Unity 8のウェブブラウザーで音が鳴らない

「Unity 8」のウェブブラウザーでは、音が再生されません。


関連記事一覧
オプション