kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Unity 8登場

「Ubuntu 16.10」では、「Developer Preview(Technical Preview)」という位置づけで「Unity 8」がデフォルトでインストールされています。


次世代のディスプレイサーバーである「Mir」に対応したGPUドライバーがインストールされている環境で「Unity 8」を利用することが出来ます。

Unity 8でログインするには

「Unity 8」でログインする方法です。

1.デスクトップ環境選択の表示

ログイン画面でデスクトップ環境選択ボタンをクリックします。


2.Unity 8の選択

「Unity8」をクリックします。


3.ログインする

以下のように「Unity 8」アイコンが表示されます。
後は普通にログインするだけです。


Unity 8デスクトップ画面

「Unity 8」でログインすれば、以下のように「Unity 8」デスクトップ画面が表示されます。


ランチャー

画面左端にマウスカーソルを移動させると、ランチャーが表示されます。
一番上の「Ubuntu」ボタンをクリックすると、「Scopes」ウィンドウが表示されます。

Scopesウィンドウ

「Scopes」ウィンドウからアプリを起動できます。

システム

インジケーターの「システム」ボタンをクリックすれば、以下のようにユーザー切り替えやログアウトなどセクションに関する操作が可能です。


なんとなくデザイン(見せ方・使わせ方)が「Budgie」に似ていますね。

時刻と日付

インジケーターの「時刻と日付」ボタンをクリックすれば、カレンダーや時刻が表示されます。


サウンド

インジケーターの「サウンド」ボタンをクリックすれば、音声ボリュームの調整が可能です。


ネットワーク

インジケーターの「ネットワーク」ボタンをクリックすれば、無線LANなどネットワークの設定が可能です。


「Bluetooth」の設定もここから行えます。


補足

日本語環境で「Unity 8」を利用すると、スクリーンキャプチャー作成時に画面がフリーズしてしまうため、上記では英語環境で「Unity 8」を利用しています。

日本語環境で「Unity 8」を利用すれば、各項目は日本語で表示されます。

Unity 8の注意事項

「Unity 8」の利用に関する注意事項です。

1.Developer Previewである

「Unity 8」は「Developer Preview」です。
すなわち「Unity 8」はまだ完成しておらず、α版やα版以前の出来であるということです。

フリーズしたり、アプリが起動できなかったり、そもそもログイン出来なかったりと、様々な不具合に遭遇する可能性が高いです。

普段作業に利用しているPCで「Unity 8」の積極的な利用はおすすめしません。

2.GPUドライバーがMirに対応している必要がある

「Unity 8」は「Mir」ディスプレイサーバー上で動作します。
「Mir」は既存の「Xサーバー」を置き換える新しいディスプレイサーバーです。

「Unity 8」を利用するには、GPUドライバーが「Mir」に対応している必要があります。
少なくとも現状ではオープンソースのGPUドライバーを利用する必要があり、また、すべてのGPUドライバーが「Mir」に対応しているとは限りません。

3.Unity 8はVTY8で動作する

「Unity 7」+「Xサーバー」は「VTY7」で動作していましたが、「Unity 8」+「Mir」は「VTY8」で動作します。(Ctrl+Alt+F8)

Unity 8の紹介

「Unity 8」の紹介です。


Unity 8の紹介動画

「Unity 8」の紹介動画です。



Ubuntu 16.10(開発コード:Yakkety Yak)では、Unity 8テクニカルプレビューのデスクトップセッションが登場した。
Unity 8はここ数年間Ubuntu PhoneやTabletで採用されており、その機能は急速に進化してきた。
Unity 8により、スマフォやタブレット、そしてデスクトップのような異なるフォームファクターを分け隔てなく横断的に利用できるようになる。

今やUbuntu 16.10を利用しているユーザーは、ログイン画面から直接Unity 8セッションでログインできるようになった。


ウィンドウ管理

ウィンドウのリサイズ

「Unity 8」はタッチディスプレイで良く動作するように設計されています。
3本指で開いているアプリのウィンドウをタッチしてみてください。
ウィンドウをリサイズするポインターがウィンドウの周りに表示されます。


簡単にウィンドウのリサイズを行うことが出来ます。

ウィンドウの切り替え

画面の右端にマウスカーソルを移動させると、以下のようにウィンドウの切り替えが可能です。


「Alt + Tab」キーでもウィンドウの切り替えが可能です。

スコープの利用

デフォルトでは、「Unity 8」は「Apps」スコープのみ利用可能になっています。
スコープとは、アプリやファイルなどある特定の対象を検索対象とし、検索を行うソフトウェアのことです。

他にも多くのスコープがインストールされており、ユーザーはそれらのスコープを有効にすることが出来ます。

1.スコープの一覧

「Scopes」ウィンドウの下中央にある矢印ボタンをクリックし、一番下までスクロールします。


2.スコープの有効化

「Also installed」に利用可能なスコープの一覧が表示されます。


利用可能にしたいスコープの右側にある星アイコンをクリックすれば、そのスコープが有効になります。

有効になったスコープは、「Home」セクションのリスト内に配置されます。


メインスコープに戻るには

メインスコープに戻るには、「Scopes」の左上の「Manage」をクリックします。

マルチメディアスコープを利用するには

スコープから動画や音楽を再生したり、メディアプレーヤーを起動することが出来ます。

1.必要なソフトウェアのインストール

「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

sudo apt install mediaplayer-app mediascanner2.0 unity-scope-mediascanner2 ubuntu-restricted-extras

2.スコープの有効化

上記の手順を参考に「ミュージック」と「ミュージックとビデオ」スコープを有効にします。

3.動画や音楽のスキャン

メディアスキャナーが動画や音楽のスキャンを行います。
スコープに動画や音楽が表示されない時は、ログインし直してください。

4.音楽の一覧

ミュージックスコープを表示すると、アートワークがあればアートワーク付きで音楽の一覧が表示されます。


5.音楽の再生 

一覧から音楽をクリックすれば、その音楽がスコープから再生されます。


6.動画の再生

同様にビデオスコープから動画の再生も可能です。


がっかりするにはまだ早い

「Unity 8」に様々な期待を持っている人はたくさんいるかと思います。
しかし現状の「Unity 8」を以ってがっかりするのはまだ早いです。

「Unity 8」は「Developer Preview(Technical Preview)」ですし、まだまだ”これから”といった印象です。

少なくとも現状の「Unity 8」は、デスクトップユーザーにとって使い勝手は良くありません。
「Unity 8」は「Unity 7」からメジャーアップデートしただけでなく、「Xサーバー」から「Mir」への変更も含まれています。
「Mir」の出来やGPUドライバーの対応状況も使い勝手に影響します。

次期LTSリリースである「Ubuntu 18.04(2018年4月リリース予定)」に向けて「Unity 8」がどう変わるのか、興味ある人は今後も注視していくと良いでしょう。

最初の「Unity 8」の安定版リリース後に「Unity 7」+「Xサーバー」の環境と比較して、何ができるようになったのか、何ができなくなったのか、見てみると良いかと思います。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション