kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Visual Studio Code 1.6リリース

2016年10月10日に「Visual Studio Code 1.6」がリリースされました。


変更点とリリースノート

変更点とリリースノートは、以下を参考にしてください。


いくつか変更点をピックアップします。

1.ワークベンチに画像の情報を表示

画像のサイズやファイルサイズの情報がステータスバーに表示されるようになりました。


2.アイコン表示の拡充

検索結果や問題パネルなど様々なUIでアイコンが表示されるようになりました。


アイコン表示をオフにするには、「workbench.editor.showIcons」設定を変更します。

3.ウィンドウを切り替えるコマンド

ウィンドウを切り替えるコマンド「Switch Windows」で複数のウィンドウを切り替えられるようになりました。


4.ソースコードの自動フォーマット

ファイルを保存する際、フォーマッターによるソースコード全体のフォーマットを自動的に行ってからファイルを保存する機能がサポートされました。

 この機能は、「"editor.formatOnSave": true」設定を行うことで有効になります。

5.検索履歴の検索

グローバルサーチやエディターの検索ボックスで検索履歴を検索できるようになりました。
デフォルトでは、「Alt + Up」キーで前の履歴を辿り、「Alt + Down」キーで次の履歴を辿ります。

キーの設定は、以下の設定で行えます。

  • search.history.showPrevious 
  • find.history.showPrevious
  • search.history.showNext 
  • find.history.showNext

6.自動保存をファイルメニューに追加

自動保存の項目をファイルメニューに追加し、自動保存の有効・無効を切り替えられるようになりました。


7.サロゲートペアのサポート改善

UTF-16のサロゲートペアの扱いが改善され、絵文字などの文字が正しく扱えるようになりました。

8.行番号表示と空白文字の表示設定の改善

行番号表示と空白文字の表示に関する設定が追加されました。

「editor.renderWhitespace」で「boundary」を設定すると、単語間の1空白文字は表示されなくなります。

「editor.renderWhitespace」で「relative」を設定すると、現在の行から相対的に行番号が表示されるようになります。

インストールとアップデート

「Visual Studio Code 1.6」のインストールは、以下を参考にしてください。
以前のバージョンからのアップグレード方法も、インストール手順と同じです。




関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション