kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

budgie-remix fresh

「budgie-remix fresh」は、デスクトップ環境に「Budgie」を採用し、最低限のパッケージ(ソフトウェア)のみデフォルトでインストールする最小構成の「budgie-remix」です。


自分で環境を構築していく

ユーザーは自分で好きなアプリやソフトウェアをインストールし、環境を構築していくことができます。
不要なソフトウェアが入っていないので、余計なディスクスペースを消費せずに済みます。

中級者以上向け

ただし本当に最低限のソフトウェアしかインストールされていないので、どのパッケージをインストールすれば良いのか予め把握しておく必要があります。

またGUIアプリをインストールするまで、作業は主に「端末」で行うことになります。
「Synaptic」や「Nautilus」、「gedit」といったGUIアプリもインストールされません。

「budgie-remix fresh」は、「budgie-remix」から多くのGUIアプリを取り除いたものだと思えば分かりやすいでしょう。

インストールは英語で行う 

インストーラーは日本語にすると以下のように文字化けするので、英語で行うと良いでしょう。


英語なら問題ありません。


インストーラーの操作方法は、「budgie-remix」と同じです。

メモリーの使用量

最小構成であるため、メモリーの使用量は多くありません。
日本語環境を構築した状態でメモリーの使用量を調べてみると、メモリーの使用量は259MiBでした。


ストレージの使用量

日本語環境を構築した状態で/ボリュームの使用量は、3GiBでした。


日本語化も可能

インストール後、日本語環境に切り替えることができます。


言語の切り替え方法は「Ubuntu」と同じです。
「言語サポート(Language Support)」を起動して、日本語に切り替えてください。


「端末」から「言語サポート」を起動する場合は、以下のコマンドで起動できます。

gnome-language-selector

budgie-remix freshのダウンロード

現在「budgie-remix fresh」はβ版です。

budgie-remix "fresh" 16.10 beta 64bit版

公式サイト:Ubuntu Budgie
ダウンロードサイト:budgie-remix "fresh" 16.10 beta
ディスクイメージ:budgie-remix-16.10-amd64.iso

budgie-remix "fresh" 16.10 beta 32bit版

公式サイト:Ubuntu Budgie
ダウンロードサイト:budgie-remix "fresh" 16.10 beta
ディスクイメージ:budgie-remix-16.10-i386.iso


関連記事一覧
オプション