kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Visual Studio Code 1.8リリース

2016年12月14日に「Visual Studio Code 1.8」がリリースされました。


変更点とリリースノート

変更点とリリースノートは、以下を参考にしてください。


いくつか新機能をピックアップします。

未保存の変更内容の自動保存と復元(Hot Exit)

編集したファイルを保存せずに「Visual Studio Code」を終了しても、次回起動時にその変更内容が自動的に復元される「Hot Exit」が実装されました。



この機能は、「files.hotExit」設定で有効・無効を切り替えることができます。

ビューピッカー

ビューやパネル、出力及びターミナルの表示を切り替えるビューピッカーが実装されました。


「Open View」コマンドを実行するか、クイックオープンで「view 」と入力すると、切り替えるビュー一覧が表示されます。

端末の改善

「terminal.integrated.scrollback」設定が追加され、記憶しておく行数を指定できるようになりました。

Zenモードの追加

テキストエディターのみを最大化して表示し、コードの入力に集中するZenモードが追加されました。

Zenモードの切り替えは、表示メニューや「Ctrl+K」+「Z」キーで切り替えることができます。

アクティビティーバーの改善

アクティビティーバーでカスタマイズできる内容が増えました。

ビューアイコンの削除

アクティビティーバーから特定のビューアイコンを削除できます。


ビューアイコンの表示切替

アクティビティ―バー上で右クリックすれば、表示するビューアイコンを切り替えられます。


ビューアイコンの省略表示

アクティビティ―バーの高さが不十分な場合、以下のように非表示になっているビューアイコンの一覧が表示できます。


アクティビティ―バーの表示切替

アクティビティ―バーの表示・非表示を切り替えられるようになりました。
「表示」メニューから切り替えできます。


インストールとアップデート

「Visual Studio Code」のインストールは、以下を参考にしてください。
以前のバージョンからのアップグレード方法も、インストール手順と同じです。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション