kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Fedora 27からαリリースを行わない方針

「Fedora 27」からαリリースを行わない方針であるとのことです。



Rawhideとは

「Fedora」における「Rawhide」とは、現在の開発バージョンに与えられる名称です。


「Rawhide」は、「rawhide」と呼ばれるパッケージリポジトリーから構成されており、このパッケージリポジトリーには最新版のパッケージを含んでいます。

またこのパッケージリポジトリーに含まれているパッケージは、「Fedora」で使用されるすべてのパッケージが対象であり、これらのパッケージは毎日のようにアップデートされます。

常にαレベルの品質を確保している

この「Rawhide」は自動テストの公開等を通じて常にαレベルの品質を確保しています。

そのためわざわざαリリースのためにビルドやテスト及びリリース作業を行わなくても、毎日ディスクイメージの生成を行っている「Rawhide」のディスクイメージを利用してもらえば、αリリースと同等のイメージを提供できる、というわけです。

元々α版は開発者に向けたリリースです。
「rawhide」も開発者に向けたリリースです。
このようにターゲットが合致している点も理由の一つになっています。

詳細は上記のリンク先を参照してください。


関連記事一覧
オプション