kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

GPD Pocketが1.5億円を超える資金を集める

以前紹介した「GPD Pocket」ですが、1.5億円を超える資金を集めています。


2017年2月21日現在、目標金額の「$200,000」を大幅に超える約6.7倍の資金が集まっています。
その額は日本円で1.5億円を超える額です。


出資者は3261人に上り、台数ベースで言えば3411台に上ります。
台数のうちWindows版が2833台、Ubuntu版が578台となっています。

コメントでも多数の要望が寄せられています。


  • キーボードバックライトを付けて欲しい
  • LTEをサポートして欲しい
  • Intel Core m3を搭載して欲しい
  • USB Type-Cポートを両サイドにつけて欲しい
  • microSDカードスロットを付けて欲しい
  • ウェブカメラを付けて欲しい
  • SIMカードスロットを付けて欲しい
  • インターナショナルキーボード/シリコンパッドに対応して欲しい 
  • キーの位置や配列を変更して欲しい
  • ストレージの容量を選択できるようにして欲しい
  • などなど

Z8750では最大搭載メモリー容量が8GBとのことで、これ以上メモリーは乗せられないとのことです。
加えて今からCPUの変更やSIMカードスロットの搭載は困難であるとのことです。

配送開始は2017年7月ごろの予定になっていますね。

それにしてもすごい人気なのですが、ここまで人気が出る理由は何でしょう?
コンパクトだがスペックによく見られる妥協がなく、それでいて価格が$399(約4.5万)という点なのでしょうか?

以下余談

その昔、今から3年半ほど前、「Canonical」が高性能スマートフォン「Ubuntu Edge」を開発するため、クラウンドファンディングで資金調達を行ったことがありました。



この時目標金額が$32,000,000(現在の為替相場で約36億円)という驚くような金額だったのですが、それでも約40%の$12,814,216(約14.5億円)を集めました。

残念ながら目標未達のままこのキャンペーンは終了することになり、その後「Canonical」は他社が製造するスマートフォンに「Ubuntu Touch」を搭載して「Ubuntu Phone」をリリースするに至ります。

見てみたかったですね、Ubuntu Edge。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション