kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

.NET Core 1.0.4と.NET Core 1.1.1がリリースされました

2017年3月7日に、「.NET Core 1.0.4」と「.NET Core 1.1.1」がリリースされました。




「.NET Core」は汎用的な開発プラットフォームであり、GitHub上のコミュニティー及び「Microsoft」によって開発が行われているソフトウェアです。

.NET Coreの紹介

「.NET Core」の紹介は、以下を参考にしてください。


.NET Core 1.0.4が利用できるUbuntu

「.NET Core 1.0.4」は、以下の「Ubuntu」で利用できます。

  • Ubuntu 16.04 64bit版

.NET Core 1.1.1が利用できるUbuntu

「.NET Core 1.1.1」は、以下の「Ubuntu」で利用できます。

  • Ubuntu 16.04 64bit版
  • Ubuntu 16.10 64bit版

LTS版と通常版の.NET Core

「.NET Core」には、LTS(Long Term Support)版の「.NET Core」と、通常版の「.NET Core」があります。


「.NET Core 1.0.4」は、LTS版です。
「.NET Core 1.1.1」は、通常版です。

1.LTS版の.NET Core

LTS版は名前の通り、長期サポート版の「.NET Core」になります。
現在LTS版の最新バージョンは、「.NET Core 1.0.4」です。

LTS版はリリース後、不具合の修正を主としたアップデートのみ行われるようになります。
サポート期間が長いだけでなく、安定性や互換性に配慮しています。

サポート期間は、以下のいずれかの短い期間が適用されます。

  • リリースされてから3年間
  • 次のLTS版のリリース日から+1年間

2.通常版の.NET Core

通常版は名前の通り、通常リリースの「.NET Core」になります。
「.NET Core」全体の最新版に相当します。

現在通常版の最新バージョンは、「.NET Core 1.1.1」です。

通常版は不具合の修正に加え、新機能の追加や既存機能の改善など、積極的に修正が行われます。

サポート期間は、以下のいずれかの短い期間が適用されます。

  • 1つ前のLTS版のサポート期間内かつ3年以内
  • 次の通常版のリリース日から+3ヶ月
  • 次のLTS版のリリース日から+1年間

Ubuntuに.NET Coreをインストールするには

「Ubuntu」に「.NET Core」をインストールする方法です。

1.リポジトリーの追加

以下の「Ubuntuに.NET Coreをインストールする」を参考にして、リポジトリーを追加します。


注意

上記手順の「1.」〜「3.」までを実行してください。

2..NET Coreのインストール

以下のコマンドを実行し、「dotnet-dev-1.0.1」パッケージをインストールします。

sudo apt-get install dotnet-dev-1.0.1

もしくは以下のボタンをクリックして「dotnet-dev-1.0.1」パッケージをインストールします。


以上でインストールは完了です。
「Ubuntu 16.04」では、「.NET Core 1.0.4」と「.NET Core 1.1.1」がインストールされます。

サンプルアプリを作る

試しに「Hello World!」と出力するサンプルアプリを作ってみます。
開発言語は「C#」です。

ここでは例として「~/dotnet」内にサンプリアプリを作成します。

1.アプリの雛形の作成

以下のコマンドを実行し、「.NET Coreコンソールアプリケーション」の雛形を作成します。

dotnet new console -o hwapp


2.生成されるファイル

以下のように2種類のファイルが「hwapp」サブフォルダー内に生成されます。


hwapp.csproj

「hwapp.csproj」ファイルは、プロジェクトファイルです。
「hwapp.csproj」ファイルの中身は以下のようになっています。


Program.cs

「Program.cs」ファイルは「C#」で記述されたソースコードです。
「Program.cs」ファイルの中身は以下のようになっています。


3.依存関係のリストア

カレントディレクトリ―を「~/dotnet/hwapp」に設定し、以下のコマンドを実行して依存関係をリストアします。

dotnet restore


4.アプリの実行

以下のコマンドを実行し、アプリを実行します。

dotnet run



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション