kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu 12.04 ESM(Extended Security Maintenance)のFAQ

以前紹介したように、「Ubuntu 12.04」のサポート期間は、2017年4月28日に終了します。



「Canonical」は、「Ubuntu 12.04」のサポート終了後も「Linux Kernel」やユーザースペース向けパッケージの中で必須となるパッケージに対し、重要なセキュリティーアップデートを提供するサービスをアナウンスしました。


「Ubuntu Insights」にて、このサービスのFAQが掲載されています。


アップデート対象のCVEって何?

「Ubuntu 12.04 ESM」は、重要で致命的なCVEの対応に焦点を当てている。
それ以外の重要度の低いあるいは中程度のCVEは、基本的に優先度が下がる。

Ubuntu 12.04 ESMでサポートされるハードウェアプラットフォームって何?

今のところ、「Ubuntu Cloud」と「Ubuntu Server」の64bit版(amd64)が対象である。
将来、他のプラットフォームにもサポートを拡大する予定である。

どのUbuntu Advantageの契約でもUbuntu 12.04 ESMが利用できるの?

できる。

「Ubuntu 12.04 ESM」は、「UA Virtual Guest」、「UA Standard」及び「UA Advanced」の契約で利用可能だ。
加えて、100以上のシステムで契約する「UA Essential」でも利用できる。

詳細は「Ubuntu Advantage」を参照して欲しい。

「Ubuntu Advantage」の契約者なら、「Ubuntu 12.04 ESM」を利用するための認証情報を要求し、滞ることなくアップデートを受けられるようになる。

2017年4月28日以降どうやってセキュリティーアップデートを受ければいいの?

今「Ubuntu Advantage」を契約すれば、2017年4月28日以降「Ubuntu 12.04」のサポート期間が切れても即座に滞りなく「Ubuntu Advantage」のサービスが受けられる。

契約の詳細は「Ubuntu Advantage」を参照して欲しい、
AWSを利用しているユーザーは、以下のいずれかから契約することも可能だ。


Ubuntu 12.04 ESMのサポート期間はどれくらい?

「Ubuntu 12.04 ESM」によるアップデートは最低でも2年間提供される予定だ。

将来必要な時のみ契約できるの?

「Ubuntu Advantage」はいつでも契約できる。
常に「Ubuntu Advantage」を契約し続ける必要はない。

しかしあなたのシステムが脆弱性に晒されないようにするため、「Ubuntu 12.04 ESM」のサービスを「Ubuntu 12.04」がサポートが切れても滞りなく受けられるように、「Ubuntu 12.04」のサポートが切れる前に「Ubuntu Advantage」と契約することを強くおすすめする。

「Ubuntu Advantage」年間単位の契約なので、過去に遡った追加コストは必要ない。

Ubuntu 12.04 ESMのサービスのみ受けられる契約ないの?

ある。

1,000台以上のマシンを対象に$50/ノード/年でサービスを受けられる。
Canonical Sales」連絡をとってほしい。

我々はLandscape Server内のレポシトリーをミラーリングしているのだが、Landscape利用時にUbuntu 12.04 ESMを反映させる方法はあるの?

「Ubuntu 12.04 ESM」は通常のUbuntuアーカイブと変わらない。
しかしHTTPSによって認証とアーカイブの提供を行う。

アーカイブのミラーリングはすでにLandscapeで利用可能になっており、ESMアーカイブのミラーリングメカニズムでのみ、アーカイブのミラーリングはサポートされる。

2017年4月29日からUbuntu 12.04のサポート状況はどうなるの?

「Ubuntu 12.04」のサポートは、2017年4月28日で終わる。
それ以降Ubuntuのサポートチームは不具合の修正や修正されたパッケージのビルドは行わない。

PHP5.3とか私が必要とするパッケージのアップデートはESMで提供されるの?

「Ubuntu 12.04 ESM」は、Ubuntuのmainコンポーネントにあるパッケージの中で、すべてのサーバーパッケージに対し、重要で致命的なCVEの対応に焦点を当てている。

これは基本的に「Ubuntu Server 12.04」のユーザーがすでに受けているセキュリティーアップデートと同じ方針でセキュリティーアップデートを受けられるということだ。

Ubuntu 12.04 ESMのパッチのソースコードは入手できるの?もしそうならLaunchpadで公開されるの?それともUbuntu 12.04 ESMを通じてのみ入手できるの?

アップデートされたバイナリー及びソースコードは、「Ubuntu 12.04 ESM」の利用者に提供される。
我々はUbuntuで利用しているすべてのオープンソースコードのライセンスに、敬意を払っている。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション