kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu Server向け新インストーラー登場

「Ubuntu Server」向けに新インストーラーが登場しました。


このインストーラーは「subiquity」という名称であり、Ubuntu Foundationsチームが「Ubuntu 17.04」の開発サイクルにて開発を行ったインストーラーです。





「subiquity」の開発は、以下で行われています。


ディスクイメージ

テクノロジープレビュー(いわゆるテスト版)という位置付けで、「subiquity」を採用した「Ubuntu Server」のディスクイメージが公開されています。


このディスクイメージは、従来のディスクイメージ同様にライブUSBの作成等に利用できますし、そのままディスクイメージを仮想マシンに接続し、インストーラーを起動することもできます。

多くのユーザーからフィードバックが欲しいとのことです。

既知の問題

既知の問題です。

1.proposed updatesが有効になっている

開発者向けのコンポーネントである「proposed」コンポーネントがデフォルトで有効になっています。

このアップデートを無効にするには、「/etc/apt/sources.list.d/proposed.list」ファイルを削除してください。

2.VT1以外の仮想ターミナルにログインできない

VT1以外の仮想ターミナルにログインできません。
(ログインプロンプトが表示されない)

そのため「Ctrl」+「Alt」+「F2」でコンソールを切り替えて利用することはできません。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション