kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

バックポートPPA

「Kubuntu 17.04」向けのバックポートPPAが利用可能になりました。


アップデートされたPlasma Desktop環境が利用可能に

バックポートPPAを利用することで、アップデートされた「Plasma Desktop」環境を利用できるようになります。

ただし現在バックポートPPAでは、PIMアプリのアップデート(KDE PIM 16.12.3)のみ提供しています。

デスクトップ環境のアップデートはバックポートPPAを通じてユーザーに提供されるため、将来デスクトップ環境のアップデートが提供されれば、バックポートPPAを利用しているユーザーはそのアップデートを受けることができます。

1.PPAの追加

以下の「Kubuntu Backports」PPAを追加します。

  • ppa:kubuntu-ppa/backports

「Konsole」を起動し、以下のコマンドを実行します。

sudo add-apt-repository ppa:kubuntu-ppa/backports


2.アップデート

以下のコマンドを実行し、パッケージをアップデートします。

sudo apt update && sudo apt -y dist-upgrade


以上で完了です。
後はログインし直すか、PCを再起動してください。

KDE PIM 16.12.3が利用可能に

2017年5月1日に「Kubuntu 17.04」向けに「KDE PIM 16.12.3」がリリースされました。


PIMとは

「KDE PIM」の「PIM」とは「Personal Information Manager」のことであり、個人情報を管理するソフトウェアのことを指します。

例えばスケジュール帳やメール、予定表やカレンダー、アドレス帳やGPG鍵など、ユーザー個人の情報を管理するソフトウェアや、ユーザー個人の情報と連携して動作するソフトウェアが「PIM」に該当します。


「KDE PIM」とは、「KDE」向けに提供される「PIM」ソフトウェア群を指します。
「KDE PIM」に含まれるアプリを一部紹介します。

アプリ 概要
Kontact PIMスイート
Akregator フィードリーダー
Blogilo ブログエディター
KAddressBook アドレス帳
KAlarm アラーム
KMail メールクライアントソフト
KNotes 付箋
KOrganizer スケジュール管理

Kubuntu 17.04のKDE PIM

リリースノートでも紹介されているように、「Kubuntu 17.04」では「KDE Applications 16.04.3」由来のPIMアプリが採用されています。


「Kubuntu Backports PIM」PPAで「KDE PIM 16.12.3」のアップデートを提供しています。
「KDE PIM 16.12.3」にアップデートすることで、他のKDEアプリ同様に「KDE Applications 16.12.3」由来のPIMアプリが利用できるようになります。

ここでは「Kubuntu 17.04」で「KDE PIM 16.12.3」にアップデートする方法を紹介します。

バックポートPPAを追加している場合

「KDE PIM 16.12.3」は、バックポートPPAでも提供されています。
そのためすでにバックポートPPAを追加している場合、本作業を行わなくても「KDE Applications 16.12.3」由来のPIMアプリが利用できます。

バックポートPPAではデスクトップ環境全体のアップデートを提供し、「Kubuntu Backports PIM」PPAでは、PIMアプリのみのアップデートを提供します。

他のKDEアプリと同様にPIMアプリを「KDE Applications 16.12.3」由来のアプリに揃えたい場合のみ、本作業でPIMアプリのアップデートを行うと良いでしょう。

1.PPAの追加

以下の「Kubuntu Backports PIM」PPAを追加します。

  • ppa:kubuntu-ppa/backports-pim

「Konsole」を起動し、以下のコマンドを実行します。

sudo add-apt-repository ppa:kubuntu-ppa/backports-pim


2.アップデート

以下のコマンドを実行し、パッケージをアップデートします。

sudo apt update && sudo apt -y dist-upgrade


以上で完了です。
後はログインし直すか、PCを再起動してください。


関連記事一覧
オプション