kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

コミュニティーの活動内容とその状況

現在のコミュニティーの活動状況とFAQが紹介されています。



資金の調達

Patreonによる資金の調達を行っており、現在毎月$600を超える資金を受け取っています。
引き続き支援を募集しています。

Haliumプロジェクトに加わる

UBportsコミュニティーは、「Plasma Mobile」及び「Sailfish OS」コミュニティーと共に、Haliumプロジェクトに参加しました。

Haliumプロジェクトについては、以下を参照してください。


Ubuntu 16.04 rootfsの構築作業

開発チームはカスタム版のUbuntu 16.04 rootfsの構築に向けて作業を行っています。
またこの作業の効率化を図るため、2台のARMサーバーを追加しました。

公式ロードマップの公開準備

開発チームでは、公式ロードマップの必要性を認識しており、公式ロードマップの作成にすでに着手しています。
近々公式ロードマップが公開される予定です。

おおよその内容は「Ubports development」で窺い知ることができますが、すべてのプロジェクト管理リソースは列挙されていません。

Webサイトのリニューアル

Webサイトのリニューアルされました。


Canonicalのプランについて

以前紹介したように「Canonical」では、「Ubuntu Touch」のサポート終了に向け以下のプランを予定しています。


UBportsでは、「Canonical」のサポートが終了する前に、新しいイメージをリリースする予定です。

また「Ubuntu Store」に代わる「OpenStore」を立ち上げ、最終的にすべてのオープンソースアプリを「OpenStore」に移す予定です。

Q&A

開発チームに対するよくある質問とその回答が紹介されています。
いくつかピックアップします。

1.安定版ビルドはどうなってるの?今週公開予定だって言ってたけど。

リリース前に修正したい不具合がいくつか残っており、リリースは少し遅れる。


2.レガシーモードってなに?なぜCanonicalの古い公式デバイスがレガシーモードに含まれるの?

古いデバイスは現状を維持し、新しい機能は提供しない。(レガシーモード)
ただし重要なセキュリティーアップデートの提供及び、コミュニティーからの不具合の修正内容はマージする予定だ。

古い公式デバイスを利用しているユーザーは、そのまま既存の「Ubuntu Touch」を利用し、継続してデバイスを利用できる。

BQ及びMeizuから販売された公式デバイスのAndroidデバイスツリーはすでに閉じられており、ハードウェアイネーブルメントの不具合の修正やカーネルに依存する新しい機能の追加はできなくなっている。

3.いつになったらリフラッシュできるようになるの?

現在全力で作業している。
うまくいけば新しいイメージが1週間から2週間後に提供できる予定だ。

4.Nokia HERE AGPSサービスはどうなる?

ライセンスの問題により、継続してこのサービスが利用可能かどうか不明な点が残っている。

もし我々が継続的にこのサービスを利用できるなら、引き続きビルドにこの機能が残るだろう。
しかしそれができないのなら、このサービスをMozilla AGPSで置き換える予定だ。

5.マルチROMはサポートするの?

たぶんサポートしない。
ここ一年以上マルチROMで動作確認は行っていないし、マルチROMをサポートするとしたら多くの修正作業が必要になるだろう。

もしマルチROMを所有しておりUbuntu Touchを利用したいなら、どちらかのOSのみを利用して欲しい。

もしかしたらこの状況はHaliumプロジェクトの成果により変化するかもしれない。
しかし状況の変化は確定しているものではないし、我々が約束できるものでもない。


関連記事一覧
オプション