kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

SQL Server 2017 RC1がリリースされました

2017年7月17日に、「SQL Server 2017 RC1」がリリースされました。


RCとは「Release Candidate」の略であり、リリース候補を意味します。

つまり新機能の実装など開発作業が完了し、今後リリースに向けた作業が中心的に行われることになります。

Active Directory認証をサポート

Linux向け「SQL Server 2017 RC1」では、Active Directory認証をサポートしました。

これによりドメインに参加しているWindowsやLinuxクライアントは、ドメイン資格情報とKerberosプロトコルを利用して、SQLサーバーの認証を行うことができます。

詳細は、以下のドキュメントを参照してください。


TLSを利用したデータの暗号化

Linux向け「SQL Server 2017 RC1」では、TLS(Transport Layer Security)を利用して、データの暗号化を行えるようになりました。

これにより、クライアントアプリケーションとSQL Serverのインスタンス間でデータを暗号化し、ネットワーク上で暗号化されたデータの送受信を行えるようになりました。

以下のTLSプロトコルがサポートされています。

  • TLS 1.2
  • TLS 1.1
  • TLS 1.0

詳細は、以下のドキュメントを参照してください。


他にも改善や改良が行われています。

リリース情報


ドキュメントやチュートリアル


SQL Server 2017 RC1のインストール

「SQL Server 2017 RC1」のインストールに関しては、以下を参照してください。


「Ubuntu 16.04 64bit版」で利用可能です。

SQL Server 2017 RC1へアップデートするには

すでに以前の「SQL Server」をインストールしている場合、「ソフトウェアの更新」から「SQL Server 2017 RC1」へアップデートすることができます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション