kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Thunderbirdの脆弱性

2017年7月5日に、クラッシュや任意コード実行など複数の脆弱性に対応した「Thunderbird」がリリースされています。


Ubuntu Security Notice


Ubuntu
Security
Notice
CVE 影響を受ける
バージョン
備考
USN-3321-1 CVE-2017-5470
CVE-2017-5472
CVE-2017-7749
CVE-2017-7750
CVE-2017-7751
CVE-2017-7752
CVE-2017-7754
CVE-2017-7756
CVE-2017-7757
CVE-2017-7758
CVE-2017-7764
CVE-2017-7771
CVE-2017-7772
CVE-2017-7773
CVE-2017-7774
CVE-2017-7775
CVE-2017-7776
CVE-2017-7777
CVE-2017-7778
Ubuntu 17.04
Ubuntu 16.10
Ubuntu 16.04 LTS
Ubuntu 14.04 LTS
・クラッシュ
・未初期化のメモリー読み込み
・機密情報漏洩
・任意コード実行

Ubuntu Security Notice一覧


サポートが終了したUbuntuの利用は危険 

サポートが終了した「Ubuntu」にセキュリティーアップデートは提供されません。
サポートが終了した「Ubuntu」は利用しないでください。

すぐにアップデートを

上記の問題に対応した「Thunderbird」がリリースされています。
「ソフトウェアの更新」を起動して、「Thunderbird」のアップデートを行ってください。


忘れずにソフトウェアの再起動を

アップデートが完了したら、忘れずに「Thunderbird」を再起動しましょう。
アップデートしただけではアップデートが反映されないため、注意してください。

よく分からなければ、ログインし直すかPCを再起動してください。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション