kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

キャプティブポータルの自動検出のサポート

「Ubuntu 17.10」にて、キャプティブポータル(Captive Portal)の自動検出のサポートが検討されています。



キャプティブポータルは、公衆無線LAN(無線LANスポット、Wi-Fiスポット、フリースポット、ホットスポット)接続時、ユーザー認証や課金(契約)を行うWebページを表示し、ネットワークの接続に必要な準備を行う仕組みのことです。
ネットワークのログインページみたいなものです。

キャプティブポータルの自動検出が有効ならば、ネットワーク接続時にキャプティブポータルが検出されると、キャプティブポータルのWebページを自動的に表示し、ユーザーに接続に必要な作業を促します。

これによりネットワークマネージャーがネットワークの接続状況をより正確に把握できるようになります。

ネットワーク接続性チェックの有効・無効の切り替え

キャプティブポータルの自動検出を有効にするため、ネットワーク接続性チェックを有効にする必要があります。

この切り替えを「設定(gnome-control-center)」の「プライバシー」か「ネットワーク」で行えるようにしたらどうか提案が行われています。





関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション