kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Brisk Menuをスーパーキーで開けるようにする

ショートカットキーを指定できる「Brisk Menu」が、PPAにて公開されています。



デフォルトでは、「Brisk Menu」を開くショートカットキーは「Ctrl+F10」に割り当てられています。

PPAで公開されている「Brisk Menu」を利用すると、スーパーキー(Windowsキーのこと)で「Brisk Menu」を開けるようになります。

また、任意のショートカットキーを割り当てることも可能です。

1.PPAの追加

以下のPPAを追加します。
すでにこのPPAを追加している場合は、この手順を飛ばしてください。

  • ppa:flexiondotorg/brisk-menu


2.ソフトウェアの更新

「ソフトウェアの更新」を起動し、「Brisk Menu」をアップデートします。


アップデートが完了したら、ログインし直すかPCを再起動します。

3.ショートカットキーの設定

ショートカットキーの設定は「dconf」に保存されています。
「dconf エディター」を起動し、「com.solus-project.brisk-menu」内の「hot-key」でショートカットキーの設定を行います。

デフォルトでは「左Super」キーが「Brisk Menu」を開くショートカットキーに割り当てられています。


任意のショートカットキーを指定することも可能です。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション