kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

YunitがDebian向けにYunitパッケージをリリース

Yunit」は「Unity 8」をフォークし、「Yunit」デスクトップ環境を開発するプロジェクト及びコミュニティーです。


さて、以前「Yunit」が「Debian unstable」向けに「Unity 8」パッケージの提供を開始したとの内容を紹介しました。


2017年6月30日、「Yunit」が「Debian」の各リリース向けに、名称を変更した「Yunit」パッケージの提供を開始したとのアナウンスを行いました。


つまり、以下のDebianのリリースで「Yunit」デスクトップ環境が利用可能になりました。

  • Debian 安定版(stable)
  • Debian テスト版(testing)
  • Debian 不安定版(unstable/sid)

ただし、いずれも64bit版のみが対象です。

品質はαレベル

現在「Yunit」の品質はαレベルであり、クラッシュなど問題が発生する可能性があります。

Yunitをインストールするには

「Yunit」をインストールする方法です。

注意

いくつか注意事項があります。

1.ディスプレイマネージャーの選択

インストール時にディスプレイマネージャーの選択画面が表示されたら、「lightdm」を選択してください。

2.すでにYunitパッケージをインストール済みの場合

2017年6月29日以前にすでに「Yunit」パッケージをインストールしている場合、バージョンに不整合が発生するため、以下のスクリプトを実行してください。
「端末」を起動し、以下のコマンドを1行ずつrootで実行します。

wget https://archive.yunit.io/tools/force_yunit_packages.sh
chmod +x force_yunit_packages.sh
./force_yunit_packages.sh

3.指紋とチェックサム

署名に使われている鍵の指紋やスクリプトのチェックサムは、以下を参照してください。


Debian 安定版(stable)

「端末」を起動し、以下のコマンドを1行ずつrootで実行します。

wget -qO - https://archive.yunit.io/yunit.gpg.key | apt-key add -
echo 'deb http://archive.yunit.io/debian/ stable main' > /etc/apt/sources.list.d/yunit.list
echo 'deb-src http://archive.yunit.io/debian/ stable main' >> /etc/apt/sources.list.d/yunit.list
apt update
apt upgrade
apt install yunit-desktop

Debian テスト版(testing)

「端末」を起動し、以下のコマンドを1行ずつrootで実行します。

wget -qO - https://archive.yunit.io/yunit.gpg.key | apt-key add -
echo 'deb http://archive.yunit.io/debian/ testing main' > /etc/apt/sources.list.d/yunit.list
echo 'deb-src http://archive.yunit.io/debian/ testing main' >> /etc/apt/sources.list.d/yunit.list
apt update
apt upgrade
apt install yunit-desktop

Debian 不安定版(unstable/sid)

「端末」を起動し、以下のコマンドを1行ずつrootで実行します。

wget -qO - https://archive.yunit.io/yunit.gpg.key | apt-key add -
echo 'deb http://archive.yunit.io/debian/ unstable main' > /etc/apt/sources.list.d/yunit.list
echo 'deb-src http://archive.yunit.io/debian/ unstable main' >> /etc/apt/sources.list.d/yunit.list
apt update
apt upgrade
apt install yunit-desktop

既知の問題

既知の問題です。

1.オンラインアカウントの設定が動作しない

オンラインアカウントの設定が動作しません。
開発チームは、現在この問題の修正に取り組んでいます。

この問題は「Ubuntu」のカーネルに適用されている「apparmor」関連のパッチに由来するものであり、「Debian」向けにビルドした「Ubuntu」のカーネルでテストしたところこの問題は発生せず、オンラインアカウントの設定が動作したとのことです。

開発チームは、同パッチを適用したカーネルを提供する予定はなく、別の解決方法を模索しています。

2.Libertineコンテナーが動作しない

「Libertine」が依存する「LXD」が「Debian」で提供されていないため、「Libertine」は動作しません。

また「Libertine」は「LXC」や「chroot」も利用できるようですが、それでも動作していないとのことです。
「Ubuntu 17.04」でも同様の問題があるのではないか、とのことです。

FAQ

FAQです。

1.Ubuntu向けにYunitパッケージを提供する予定はあるのか?

最新のLTS版のUbuntu及び、最新の通常リリース版のUbuntu向けにYunitパッケージを提供する計画があります。

現在の計画では、最新のLTS版である「Ubuntu 16.04」と、現在開発中の通常リリース版である「Ubuntu 17.10」以降、Yunitパッケージが提供される計画です。

2.32bit向けにYunitパッケージを提供する予定はあるのか?

現時点ではリソースが限られており、32bit OS向けにYunitパッケージを提供する計画はありません。

開発に協力したい人は、「Yunit」の開発チームに連絡を取ってください。

3.ソースコードどこ?

「Yunit」のリポジトリーを追加しているなら、以下のコマンドで各パッケージのソースコードを入手できます。

apt source パッケージ名

また近々「yunit-io」にて、ソースコードがで公開される予定です。


関連記事一覧
オプション