kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Ubuntu 17.04のLinux KernelとXスタックの提供

「Ubuntu 16.04」ではローリングLTS Enablement Stackモデルを採用しており、すでに「Ubuntu 16.04」ユーザー向けに「Ubuntu 17.04」のLinux KernelとXスタックが提供されています。



「Ubuntu 16.04.2」を新規にインストールしたユーザーや、自分でLinux KernelとXスタックのアップグレードを行ったユーザーは、「ソフトウェアの更新」を起動し、「Ubuntu 17.04」のLinux KernelとXスタックへアップグレードすることができます。

普段から「ソフトウェアの更新」を起動しソフトウェアのアップデートを行っていれば、すでに「Ubuntu 17.04」のLinux KernelとXスタックへアップグレードされていることでしょう。

バージョンの確認

「Ubuntu 17.04」のLinux KernelとXスタックが動作しているか確認する方法です。

1.Linux Kernelのバージョン確認

「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

uname -r


「4.10.0・・・」と表示されればOKです。

2.Xサーバーのバージョン確認

「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

/usr/lib/xorg/Xorg -version


最初の行に「X.Org X Server 1.19.3」と表示されていればOKです。
以上で確認は完了です。

もうすぐUbuntu 16.04.3リリース

2017年8月3日に、「Ubuntu 16.04.3」がリリースされます。


日本時間では明日辺りでしょうか。

現在「Ubuntu 16.04」を利用しており、「ソフトウェアの更新」でソフトウェアをアップデートしているユーザーは、すでに「Ubuntu 16.04.3」へアップデートされています。

Ubuntu 16.04.3にアップデートされているか確認するには

「Ubuntu 16.04.3」にアップデートされているか確認するには、「端末」から以下のコマンドを実行します。

lsb_release -d

以下のように「Ubuntu 16.04.3 LTS」と表示されていればOKです。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション