kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Unity 7ユーザーの受け皿となるか?

先日紹介した通り、「Artful Aardvark α2」がリリースされました。
Artful Aardvark α2」では「Ubuntu MATE 17.10 α2」がリリースされており、「Unity 7」ユーザーにアピールする変更が盛り込まれています。


 (ようこそUnity 7難民!Ubuntu MATEは、あなたが探し求めているUbuntuのフレーバーです)


「Ubuntu MATE」では、以前から様々なOSに似たレイアウトを提供する機能が実装されています。


Mutiny

このレイアウトの中に「Unity 7」に似たレイアウトを提供する「Mutiny」があります。


「Mutiny」自体は以前のバージョンから利用できるようになっていましたが、「Ubuntu MATE 17.10 α2」では「Unity 7」ならではの機能が活用できるようになっています。

グロ―バルメニュー

「グロ―バルメニュー」は、アプリケーションのメニューを画面上部のパネルに表示する仕組みです。

「グロ―バルメニュー」が有効なら、アプリのウィンドウにメニューが表示されなくなり、代わりにすべてのアプリのメニューが画面上部のパネルに表示されるようになります。


「グロ―バルメニュー」を利用すれば、アプリのメニュー分だけ画面の高さが利用できるよになるため、画面のスペースを最大限活用できるようなります。

「グロ―バルメニュー」は、以下のパネルレイアウトで利用可能です。

  • Contemporary
  • Cupertino
  • Mutiny

Superキーのサポート改善

「Super + 数値」キーによるアプリの切り替えや、「Super + L」キーで画面のロックなど、「Super」キーと組み合わせたショートカットキーが「Mutiny」レイアウトで利用できるようになりました。

Heads Up Display(HUD)

「HUD」は、アプリのメニューからメニュー項目を検索する仕組みです。


「GIMP」や「LibreOffice」など、メニュー項目が非常に多いアプリで役に立つ機能です。
「Super + Alt」キーで「HUD」を表示することができます。

「HUD」を活用すれば、キーボードから手を離すことなくメニュー項目を実行できます。

「HUD」は、以下のパネルレイアウトで利用可能です。

  • Contemporary
  • Cupertino
  • Mutiny

Unityユーザーの受け皿となるか?

「Ubuntu MATE」で採用している「MATE」デスクトップ環境は、「GNOME 2」時代の「GNOME」が起点となり、開発が行われてきました。

今や「MATE」は「GTK+3」へ移行し、また多くの改良や改善が施され、「GNOME 2」から大きく飛躍したデスクトップ環境となっています。


インプットメソッドフレームワークである「Fcitx」や「Ubuntu」のインジケーターの多くがそのまま利用できます。

またデフォルトでインストールされているアプリケーションも「Ubuntu」ユーザーから見れば機能が削除される前の使いやすかったアプリケーションがインストールされており、アプリケーション自身も「Ubuntu」のそれとUIが似ており、ほとんど違和感なく「Ubuntu MATE」を利用できるようでしょう。


開発やコミュニティーは非常に活発ですし、打てば響くフレーバーの1つです。

「Ubuntu 17.10」ではデスクトップ環境が「GNOME Shell」に変わり、使い勝手が変わります。
そして日本語入力は、このまま行けば「IBus + Mozc」になるでしょう。

いずれにせよ使い勝手が変わるなら、1つの選択肢として「Ubuntu MATE」を検討してみるのもよいかと思います。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション